NHKが契約者から電話番号・メアド収集に乗り出す!? ネットでは「必死すぎて怖い」など声多数

NHKがまたしても強硬策に打って出たようだ。今度は「受信契約者の電話番号・メールアドレスを収集できるようにする」というのだ。まだ規約の見直し案を公表したのみで、実際に施行されることが決定したわけではないのだが、すでにネット上では批判が集まっている。果たしてこの“改悪”は、本当に実現してしまうのだろうか…?

今回は、NHKが目指す新たな規約についてと、世間からの反応についてお伝えしていきたい。

NHK、受信契約者から電話番号・メールアドレスの取得を検討中

(Image:Wire Dog / Shutterstock.com)

テレビを持たない人へのインターネットを通じた番組配信の実証実験や、受診料徴収の「宛名なし郵便」など強硬策が目立つNHK

NHKが電話番号・メールアドレスの収集に関わる受診規約の見直し案を公表したのは10月26日。「受信契約書の提出の際に、あわせてお届けいただくことを検討しています」としており、新規契約者の場合は契約時に電話番号・メールアドレスを申請することになるようだ。また既存の契約者であっても、「住所変更のお手続き等の際に、あわせてお届けいただくことを検討しています」としており、新規・既存関係なく個人情報の収集を目指すようだ。

「※電話番号や電子メールアドレスをご利用でない場合は、お届けいただく必要はありません」と書いてはいるものの、携帯電話の普及率を考えると利用していない人のほうが稀だろう。

10月27日から11月25日までこの見直し案に対する意見を募集するといい、賛成・反対両方の立場の人々からの様々な意見が集まることが予想される。

NHKが契約者から電話番号・メアド収集に乗り出す!? ネットでは「必死すぎて怖い」など声多数のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフNHKNHK受信料】の最新ニュースをいち早くお届けします。