喫煙者が少ない都道府県ランキング、トップは西日本に集中。3位は徳島県、2位は奈良県、1位は?

近年の健康ブームやタバコ自体の値上がりから、「禁煙した」「今、禁煙しようと本数を減らして段階的に頑張っている」という人も多いのではないだろうか。他にも、例えば結婚したり子どもが生まれたりと家庭環境が変わったことをきっかけに喫煙を止めたパターンもあるだろう。一方、都道府県によっては自治体で健康支援の取り組みを行っているところもあり、その影響もあるかもしれない。

今回は都道府県でタバコを吸わない人に差があるのか、チェックしていこう。

タバコの値上げや世間の健康志向で喫煙者の肩身は狭い

コロナ禍で家にいる時間が増え、家族から禁煙を勧められた人もいるかもしれない

近年は紙巻きタバコだけでなく、iQOS、glo、Ploom TECHなどの加熱式タバコが登場するなど、喫煙者の選択肢の幅は広がっている。

一方で、タバコの価格年々値上がりしており、2021年10月にも紙巻たばこが主に1箱30円~40円、加熱式たばこは1箱あたり30円の値上げとなった。値上げ前にはコンビニや各販売店などでカートンセールをする店舗も見られたが、喫煙者たちにとっては数十円の値上げでも痛手なのだろう……ため息が聞こえてくる。

この値上げをきっかけに、「やめるなら今か……」と禁煙に踏み切った人もいるだろう。ねとらぼは、厚生労働省が2020年7月に公開した「国民生活基礎調査」のデータをもとに作成した「『タバコ』を吸わない人が多い都道府県」をランキング形式で紹介している。喫煙者が少ない都道府県はどこなのか見てみよう。

第4位は同率で「山口県」、「香川県」、「島根県」の3県がランクイン。タバコを吸わない人の割合は77.2%となった。3県はそれぞれ、2020年4月1日から多くの人が利用する全公共施設において原則屋内禁煙とする取り組みを実施しており、島根県は女性の健康寿命ランキングでもトップ5にランクインしている。

喫煙者が少ない都道府県ランキング、トップは西日本に集中。3位は徳島県、2位は奈良県、1位は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフタバコたばこ税ランキング喫煙者奈良県徳島県愛媛県】の最新ニュースをいち早くお届けします。