iPhoneの「おやすみモード」を解除/設定する方法 勝手に設定される原因についても解説

iPhoneの「おやすみモード」は、iOS 15以降では「集中モード」という名称に変わり、解除や設定方法が少し変わった機能です。iPhoneの操作を制限する機能で、うまく使いこなすことでiPhoneから少し離れて作業したり休むことができます。そんな「おやすみモード(集中モード)」の機能説明から解除/設定方法、おすすめの使い方をこの記事では解説していきます。

iPhoneのおやすみモードはどんな機能なのか

iPhoneのおやすみモードとは、電源を入れたままiPhoneの通知に制限をかけることができる機能です。着信やSNSの通知音はオフにすることができ、おやすみモード中は着信を受け付けないという設定も可能です。

集中したいときでも、突然の通知音に反応してしまうという方は多いはずです。少し仮眠を取りたいときも、iPhoneの通知音で目が覚めて休めなかったという経験も、みなさん一度はあると思います。

そんなときに利用したいのが、「おやすみモード(集中モード)」です。

おやすみモード中でも緊急速報は通知音あり

おやすみモードは、特別設定しなくてもアラームと緊急速報は機能します。そのため、緊急を要する事態下でも問題なく利用できる仕組みですので安心して使えます。

そして、おやすみモードは設定を変更することで、おやすみモードがオンになっていても音を鳴らさずに、着信の履歴やメールやLINEの受け取りと確認を行えます。

音がならないだけで、通常と同じ使い方ができる分、おやすみモードを切り忘れることもありますので、今おやすみモードに設定しているか確認する方法について続いては紹介していきます。

おやすみモード中か確認する方法

iPhoneのディスプレイ上部に、三日月のマークが表示されていると、その時間はおやすみモードがオンになっているサインです。逆に、ディスプレイ上部に三日月マークがない場合は、通常運転と判断できるでしょう。おやすみモードを解除したい場合、次に紹介する方法で解除することができます。

iPhoneのおやすみモードを解除する方法

おやすみモードは、iOS 15以降とiOS 14以前では設定方法が少し異なりますので、iOSにあわせて設定してみてください。

【iOS 15以降のiPhoneおやすみモード解除方法】
1.「設定」を開く
2.「集中モード」を選択する
3.「おやすみモード」を選択する


4.「集中モード状況」をオフにする

5.「おやすみモード」をオフにする

【iOS 14以前のiPhoneおやすみモード解除方法】
1.「設定」を開く
2.「おやすみモード」を選択する
3.手動でオフに切り替える

【コントロールセンターからおやすみモード解除方法】
1.iPhoneのコントロールセンターを開く
2.三日月のアイコンをタップしてグレーアウトする

コントロールセンターで、おやすみモードを解除する方法ですと、iPhoneをスワイプしてワンタップでオンオフの切り替えができるのでおすすめです。おやすみモードの解除は簡単にできますので、通知のお知らせが必要な場面では、しっかりおやすみモードをオフに切り替えておきましょう。反対に、おやすみモードの設定方法について見ていきましょう。

iPhoneのおやすみモードを設定する方法

おやすみモード解除と同じく、設定方法もiOS 15以降とiOS 14以前では少し異なりますので、iOSにあわせて設定してみましょう。

【iOS 15以降のiPhone】
1.「設定」を開く
2.「集中モード」を選択する
3.「おやすみモード」を選択する
4.カスタムのオプションを選択して設定する

【iOS 14以前のiPhone】
1.「設定」を開く
2.「おやすみモード」を選択する
3.手動でオンに切り替える

【コントロールセンターからおやすみモード設定方法】
1.iPhoneのコントロールセンターを開く
2.三日月のアイコンをタップする

おやすみモードは「設定」で細かなカスタマイズが行えます。どんなカスタマイズが行えるか、続いて紹介していきますので参考にしてみてください。

iPhoneおやすみモードをカスタマイズする方法

ここでは、iPhoneのおやすみモードで便利なカスタマイズを2つ紹介していきます。おやすみモードをカスタマイズして、今以上に使いやすくしていきましょう。

おやすみモードの時間を設定する

就寝時間やお昼寝時間、就業時間など毎日同じタイミングでおやすみモードを設定したいという方は、自動でおやすみモードに切り替えれる設定をしておくことができます。

iOSのバージョンにより、おやすみモードの設定に違いがありますので確認して試してみてください。

【iOS 15以降のiPhone】
1.「設定」を開く
2.「集中モード」選択する
3.「通知を許可」を選択する


4.「集中モード状況」を選択する


5.「スケジュールまたはオートメーションを追加」をクリック

6.「スマートアクティベーション」をクリック

【iOS 14以前のiPhone】
1.「設定」を開く
2.「おやすみモード」選択する
3.「時間指定」をオンにする
4.時間の設定をする

上記の手順で、時間を初めから設定しておくことで、iPhone操作なしに自動でおやすみモードのオンオフを切り替えてくれます。続いては、iPhoneのおやすみモードで便利なカスタマイズ2つ目の「特定の着信を受ける」について紹介します。

おやすみモード中でも特定の着信を受ける

おやすみモードの間でも、着信は受けられるようにしたいという場合、着信を受ける相手も細かく以下の手順で設定することができます。

1.「設定」を開く
2.「集中モード」を選択する
※iOS 14以前のiPhoneでは「おやすみモード」を選択する

3.「おやすみモード」を選択する
4.「通知を許可」を選択して設定する

おやすみモード中の着信を許可するとき、以下の3パターンから選択できますので、用途に合わせて選んでください。

●全員
●誰も許可しない
●よく使う項目

おやすみモード中の着信や通知に関しては、iPhone操作中はお知らせすることも設定で選ぶことができます。

●常に知らせない
●ロック中は知らせない

「常に知らせない」設定にしておくと、iPhone操作中でも通知はオフになります。iPhone操作中だけは、通知もオンにしたい場合は「ロック中は知らせない」に設定しておきましょう。

ここまで、iPhoneのおやすみモード解除/設定方法やカスタマイズを紹介してきましたが、設定やカスタマイズをしていなくても、おやすみモードが勝手に設定されることがあります。

iPhoneのおやすみモードが勝手に設定される原因と解除方法

iPhoneをおやすみモードに設定した覚えがないのに、勝手に設定されることがあります。なぜ、おやすみモードが勝手に設定されるのか原因と解除方法を見ていきましょう。

原因1:時間指定している

おやすみモードの時間指定によって、勝手におやすみモードがオンになっていることはよくあります。

以下の手順で、おやすみモードの時間指定を解除しましょう。

1.「設定」を開く
2.「集中モード」を選択する
3.自動でオンにする部分の「時間指定」がオンになっていたらオフに切り替える


原因2:アクティベートが自動になっている

自動車の運転中に、自動でおやすみモードをオンにするアクティベート機能が自動になっている可能性もあります。アクティベートは、こちらの方法で切り替えを行えますので、乗り物に乗った後に通知が来ない場合は、以下の手順でおやすみモードをオフに切り替えましょう。

1.「設定」を開く
2.「集中モード」を選択する
3.「スマートアクティベート」がオンになっていたらオフに切り替える

原因3:睡眠モードがオンになっている

睡眠モードがオンになっている場合も、勝手におやすみモードをオンにしてしまう原因の一つです。睡眠モードがオンになっている場合は、以下の手順で睡眠モードをオフに変更しましょう。

1.「設定」を開く
2.「ヘルスケア」を選択する
3.「データアクセスとデバイス」を選択する

4.「ヘルスケア」を選択する


5.「睡眠スケジュール」を選択する


6.右上の「編集」をクリックして「睡眠スケジュール」削除する

原因4:iPhoneの故障

ここまで紹介した設定に問題がない場合、一時的なiPhoneのバグ、もしくは故障の可能性があります。一度、再起動してみてもiPhoneのおやすみモードが切り替わらないときはショップ、もしくはApple storeへ相談してみるといいでしょう。

iPhoneのおやすみモードをうまく活用しよう

iPhoneから離れて集中したいときや、煩わしい音に邪魔されることなく休みたいときにおすすめしたい機能が「おやすみモード」です。

ただ、生活する上で全ての通知をオフにすると支障をきたすということもあるでしょう。そんな時は、この記事を参考におやすみモードの設定をカスタマイズしてみてください。

不自由なく必要な通知は受け取ることができますので、必要ない通知はしっかりオフにして必要な通知のみにiPhoneが対応してくれます。

※サムネイル画像(Image:slyellow / Shutterstock.com)

iPhoneの「おやすみモード」を解除/設定する方法 勝手に設定される原因についても解説のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneおやすみモード】の最新ニュースをいち早くお届けします。