アップルの一存でFacebookの収益約9,100億円吹き飛ぶ!? iOSの追跡制限で深刻な影響を受ける大手SNS

今後、インターネット広告市場はどうなる?

(Image:nikkimeel / Shutterstock.com)

iOSのポリシー変更でFacebookは売上の13.2%、約9,100億円の損失を受けた

ユーザーの個人情報保護を目的としたフレームワークATT導入から3カ月経過した2021年7月には、「開発者や広告主の収益が15~20%減った」という報道もなされている。その急激な変化を示すように、フィナンシャル・タイムズでも「広告テクノロジー企業のLotameの分析結果によると、Snapchat・Facebook・Twitter・YouTubeのSNS大手4社が2021年第3四半期と第4四半期に失った収益は売上高の12%にあたる推定98.5億ドル(約1兆1,200億円)」と報じられている。Snapchatは売上高の13.2%、Facebookは売上高の13.2%、YouTubeは売上高の7.7%、Twitterは売上高の7.4%を失ったとみられているという。とくにFacebookは売上高の13.2%を失ったとみられており、会社の規模も相まって、実際に失った額は約80億ドル(約9,100億円)を超えるようだ。

大打撃を受けたことが明らかとなったFacebookは10月28日、社名を「Meta」へと変更することを明かしたことは記憶に新しい。今後は社名の由来ともなっている「メタバース(オンライン上に構築された3DCGの仮想空間)」構想に注力していくようだ。もしかするとFacebookも、アップルのATTによって広告事業への行き詰まりが現実味を増したことで早急なメタバースへの方向転換を余儀なくされたのだろうか…。

またTwitterやYouTubeでも、Twitterでは様々な課金コンテンツが計画されていることが相次いで報じられ、YouTubeもユーザーをYouTube Premiumへと誘導する施策に余念がないように感じられる。どこも新たなビジネスモデルの構築に全力を注いでいる様子が伺える。

アップルの意向により、巨額の売上高を失うこととなったインターネット広告市場。現在の各社の動きを見る限り、今後ネット広告のかたちは大きな変化を遂げることになるかもしれない。アップルの行ったことは私たち消費者にとってプラスとなったのかマイナスとなったのか。今後の動向にも注目していきたい。

参照元:大手SNSの収益「1兆円以上」がiPhoneのプライバシー強化機能で消し飛んだという調査結果【GIGAZINE

※サムネイル画像(Image:support.apple.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

アップルの一存でFacebookの収益約9,100億円吹き飛ぶ!? iOSの追跡制限で深刻な影響を受ける大手SNSのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleFacebookiOSiOS 14.5iPhoneMetaSNSトラッキングプライバシー保護】の最新ニュースをいち早くお届けします。