Amazonで相次ぐ「抜き取り被害」? 開封時に動画撮影しないと、返金すらしてもらえない可能性も?

多くの人が利用しているAmazon。コロナ禍での巣ごもり需要もあり、「今まではお店に買いに行っていたような商品も、全部Amazonで頼むようになった」というユーザーも多いだろう。それほどスピーディーで便利、ということだろうが、ここ最近、Amazonでちょっと心配な出来事が多発しているとネット民がザワついてる。なんと届いた商品の中身が空っぽで、さらに返金対応もしてもらえない!?という事態が多発しているのである。

「抜き取り?日本で!?」にわかに信じられないことだが、実際に起こっている

(Image:Koshiro K / Shutterstock.com)

抜き取って返品した側は何かしらの犯罪にならないのだろうか?

お酒やミネラルウォーターなどの重たいものを玄関先まで届けてくれ、服や靴もわざわざお店に出向かずにパパッと注文できるネットショップは、もはや私たちの生活に不可欠な存在だ。特にAmazonは、有料会員であるプライム会員になって「お急ぎ便」を使えば、注文の翌日に届くものもある。生活用品から衣類、家電まで、家から一歩も出ずに何でもそろうといっても過言ではない。

2021年春、Amazonの発表によると全世界でプライム会員数が2億人を突破、プライム会員ではない人を含めるとさらにユーザーは増え、もはや使っていない人を探すのが困難なほどだ。アマゾンでは日用品や食料、消耗品だけでなく、家電やギフトなど「こんなものまで!?」と驚くほどの品揃えで私たちを満足させてくれている。

そんなAmazonだが、最近ユーザーを不安にさせる「抜き取り被害」と、それに対するAmazon側の非情ともいえる“塩対応”がさらにこの騒動に追い打ちをかけている。

Amazonで相次ぐ「抜き取り被害」? 開封時に動画撮影しないと、返金すらしてもらえない可能性も?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAmazon抜き取り詐欺】の最新ニュースをいち早くお届けします。