【注目】微アルコール飲料の人気ランキング、3位サッポロ「The DRAFTY」2位アサヒ「ビアリー香るクラフト」1位は?

ビール、発泡酒、第三のビール。そこについに新たなる“刺客”が登場した。それは「微アルコール」飲料だ。お酒好きからすると「いっそノンアルじゃダメなの?」と疑問を抱いてしまうが、若い世代を中心に人気が高まっているという。今回は微アルコール飲料人気ランキングから、その人気の理由を紐解いていこう。

健康志向の高まりや、コロナ禍でおうち時間が増えた。この時代ならではの“微アル”

以前はストロング系チューハイが話題になったが、微アルコール飲料は次なる注目商品となるか。4位に選ばれたアサヒ「ハイボリー」

画像は(Amazon.co.jp)より引用

アルコール度数8~9%以上のいわゆる“ストロング系チューハイ”が話題になったことは記憶に新しい。強い度数が好き、という人にはウケたが、「お酒は好きだけど強い度数は苦手」という人や、「強い度数も好きだけど、健康が気になるから5%前後のものを選ぶ」という人も少なくなく、アルコール売場でもストロング旋風が巻き起こったときは「これもストロング」「あれもストロング」と、度数低めを求める筆者などは選択肢が減って困ったものだ。そこに目をつけたのが、今回の微アルコール飲料だといえるだろう。

アンケートサイト「ボイスノート」が発表した微アルコール飲料人気ランキングの結果では、第5位となったのは神戸物産の「Sky」。13票を獲得した。4位には37票でアサヒ「ハイボリー」が登場。近年のハイボール人気を示す人気ぶりと言えるだろう。

【注目】微アルコール飲料の人気ランキング、3位サッポロ「The DRAFTY」2位アサヒ「ビアリー香るクラフト」1位は?のページです。オトナライフは、【グルメSkyThe DRAFTYハイボリービールビアリーランキング微アルコール】の最新ニュースをいち早くお届けします。