「レギュラーガソリン」が最も安い都道府県ランキング、同率3位千葉県・岩手県、2位三重県、160円台を切る1位は?【11月8日時点】

「できるだけ安くガソリンを入れたい」とは自動車を所有する人なら誰しも思うことだろう。最近ではガソリンの平均価格が9週連続で値上がりしているというニュースも飛び交っているが、ガソリンスタンド店や時期、地域によってもガソリン価格は異なる。今回は、ガソリンスタンド情報を共有するクチコミサイト「gogo.gs」が公開する都道府県ごとのガソリン平均価格をもとに、全国で最もガソリンが安い都道府県ランキングを紹介する。

関東エリアから千葉県が、東北エリアから岩手県が3位に

セルフか有人かによっても価格が異なるガソリンスタンド

11月4日、日本エネルギー経済研究所石油情報センターは、2021年11月1日時点のレギュラーガソリンの店頭の全国平均価格が前週に比べて1.4円高い168.7円だったことを発表した。9週連続値上がりをするなど、ガソリン価格の高騰が話題を呼んでいる。

その原因といわれているのが、大幅に上昇している原油の輸入コストだ。また、原油価格はニューヨークの市場で価格が決定されるため、ドルが値上がりしていることも少なからず影響しているという。原油コストの高騰により全国各地でガソリン価格の高騰が余儀なくされる中、ガソリン価格が最も安い都道府県は一体どこなのだろうか。

さっそく、2021年11月8日時点での「gogo.gs」に掲載されたレギュラーガソリン1リットルあたりの平均価格が安い都道府県ランキングトップ3を見ていこう。

レギュラーガソリン1リットルあたり「161.9円」で同率3位に食い込んだのは、「千葉県」と「岩手県」。どちらも全国平均の165.7円より3.8円安く、関東エリアでは千葉県が、東北エリアでは岩手県が断トツで安いことが明らかとなった。東京都などの都心から千葉県へ出かけた際には、ガソリンを満タンにして帰るのがおすすめだ。

「レギュラーガソリン」が最も安い都道府県ランキング、同率3位千葉県・岩手県、2位三重県、160円台を切る1位は?【11月8日時点】のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフガソリンランキング千葉県和歌山県岩手県】の最新ニュースをいち早くお届けします。