Amazonの「マーケットプレイス詐欺」が横行、気をつけるべきポイントとは?

コロナ禍の前後で大きく変わった私たちの生活。買い物の際にキャッシュレス決済が広く使われるようになるなど、“非接触”なものごとが一気に浸透していった。接触機会の増える店舗に行かずに商品が購入できる「ECサイトの利用」が急増したことも、そのうちのひとつと言えるだろう。そんなECサイト業界の大手・Amazonで、現在様々なトラブル・詐欺が取り沙汰されている。

今回は読者への注意喚起も兼ねて、過去に報告されていた「うっかり引っかかりそうなAmazonのトラブル」や最新の被害状況についてお伝えしていきたい。

Amazonに長らくはびこる「マーケットプレイス詐欺」とは

(Image:Julie Clopper / Shutterstock.com)

欲しいものが自宅に届くAmazonは非常に便利だ

コロナ禍で大きく需要を伸ばしたECサイト。「楽天市場」で知られる楽天の2020年度(2020年1~12月期)国内EC流通総額は4兆4,510億円となり、前期から20%近い伸び率を記録している。Amazonの日本事業でも、前期比27.9%増の約2兆1,893億にのぼったとされている。これだけ急な伸長を見せているEC業界。読者の中にも「これまではあまりECサイトを利用していなかったが、最近は何かあるとすぐにネットで注文するようになった」という人もいるのではないだろうか。

しかしAmazonは便利であることは間違いないものの、トラブルに対する心構えが必要なのも事実だ。Amazon上でAmazon以外の出品者から購入できる「マーケットプレイス」では、以前から詐欺が繰り返し報告されている。

他の出品と比べて極端に安い価格で出品して、ユーザーが購入すると「海外からの発送のため時間を要する」と連絡したまま商品を発送せず、購入時に支払われた代金だけを持ち逃げするというケースがあるのだ。また、ひどい場合にはユーザーは代金を持ち逃げされたばかりか、氏名・住所・電話番号など登録した個人情報を抜き取りその後の詐欺などに悪用されてしまう可能性も示唆されている。

2017年にTogetter上にまとめられたマーケットプレイス詐欺の対策では、「必ず出品者のプロフィールを確認する」ことが重要だという。販売者名・販売者住所をしっかり確認し、正規の販売店であるとわかってから購入すべきだと紹介されている。

Amazonの「マーケットプレイス詐欺」が横行、気をつけるべきポイントとは?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAmazonマーケットプレイス詐欺抜き取り詐欺】の最新ニュースをいち早くお届けします。