東京メトロ「丸ノ内線沿線」の住みやすい街ランキング、3位茗荷谷駅、2位荻窪駅、新宿駅まで10分と利便性のよい1位は?

東京で暮らしている人ならば、一度は乗ったことがあるかもしれない東京メトロ・丸ノ内線。池袋~荻窪間を結ぶ本線と、中野坂上~方南町を結ぶ分岐線から成っており、首都圏では日本一の発着数を誇る。丸ノ内線の主要な駅は、池袋、東京、銀座、新宿、新高円寺、荻窪など。オフィス街から住宅街まで幅広くカバーしており、東京で暮らすには何かと便利な沿線だ。

今回は、そんな丸ノ内線の住みやすい街ランキングをご紹介。「上京したい」「東京でもっと便利な暮らしがしたい」と考えている人はぜひ参考にしてみては。

丸ノ内線で住みやすい街ランキング、トップ5を発表

(Image:Ned Snowman / Shutterstock.com)

東京で赤い電車といえば丸ノ内線を思い浮かべる人も少なくない

リサーチ型メディアの「ねとらぼ調査隊」は、「東京メトロ丸ノ内線沿いで住みやすい街はどこ?」というアンケート調査を実施。531票の回答を得たこのアンケート結果から、トップ5を抜粋して紹介していく。

第5位にランクインしたのは杉並区の「南阿佐ヶ谷駅」。阿佐ヶ谷姉妹で知られるJRの「阿佐ヶ谷駅」までは徒歩7分で移動できて都心部へのアクセスは良好。商店街も充実しており食事や買い物にも困らない街だ。不動産売買・賃貸・住宅情報サイト・ホームズのデータによればワンルーム・1K・1DKの家賃相場は7.84万円と丸ノ内線では最も低く、一人暮らしデビューにもおすすめ。

第4位は文京区の「新大塚駅」。池袋の隣にあり、池袋駅までは電車でたったの3分。決して目立つ街ではないが、生活に必要な店がほどよく揃っており治安も良好、なにかと安心して過ごせるエリアだ。

東京メトロ「丸ノ内線沿線」の住みやすい街ランキング、3位茗荷谷駅、2位荻窪駅、新宿駅まで10分と利便性のよい1位は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフランキング丸ノ内線住みたい街南阿佐ヶ谷駅新大塚駅方南町駅茗荷谷駅荻窪駅】の最新ニュースをいち早くお届けします。