経費精算で誤魔化したことある? 私的利用のお金を申請した人は未婚者に比べ既婚者が3倍多い結果に

株式会社SheepDogが運営する、ITツール比較サイト・STRATE(ストラテ)は2021年10月29日、20歳~39歳の会社員(正社員)の男女300名に対して「経費精算に関するアンケート」を行った。すると、経費精算の際に魔が差したことがある人が一定数いることが明らかとなった。

果たしてどれほどの割合のサラリーマンが、経費をちょろまかした経験を持っているのだろうか…。

経費精算の際に誤魔化したことがある人は15.33%も!

思った以上に誤魔化しをやってしまっている人が多いという印象だ(STRATE[ストラテ]調べ)

あなたの会社では現在、経費精算はどういう方法が取られているだろうか。古くは、所定の経費精算用紙に記入したものに領収書やレシートを添付し、経理部へ提出する方法が取られていた。近年ではシステム化が進んだことにより、パソコンの画面上で経費精算が済ますことができるようになっている。さらに、ここのところの新型コロナ感染拡大で非接触ニーズが増えたことや、リモートワークの推進によってさらに簡便に経費精算を済ますことができるアプリ等も開発されているようだ。

そんななか行われた「経費精算に関するアンケート」で、衝撃の事実が明らかとなった。「経費精算の際に私的な目的で使ったお金を経費申請(経費の誤魔化し)をしたことはありますか?」という質問に対して、「ない」と答えた人は84.67%だった。「うんうん、そうだよな」と思った人は、もちろんそれが正解だ。しかし一方で、「ある」と答えたことがある人は15.33%もいたのだ。さらに、経費精算の際に私的利用のお金を経費申請したことがある人のうち20代男性だけに絞ってみてみると、なんと20%もの人がごまかしたことが「ある」という結果に。経営者がこの調査結果を見たら、卒倒してしまいそうな結果だ。ちなみに20代の女性では、13.33%が「ある」と回答している。

経費精算で誤魔化したことある? 私的利用のお金を申請した人は未婚者に比べ既婚者が3倍多い結果にのページです。オトナライフは、【マネーサラリーマン経費申請経費精算給与】の最新ニュースをいち早くお届けします。