どうなる「Go Toイート食事券」12月15日には有効期限切れも、方針示されずネット上には不満の声も

東京都では2020年11月20日から販売され、飲食店でお得に食事が楽しめると話題を呼んだGo To Eat「プレミアム付き食事券」。緊急事態宣言の発令により有効期限が2021年12月15日に延長されたものの、いまだに使用することができないままという人も多いだろう。今回は1カ月後に有効期限が迫ったGoToイート食事券に関する情報と世間の動向を伝える。

有効期限が迫っていてもGo To Eatプレミアム付き食事券が使えないワケ

(Image:image_vulture / Shutterstock.com)

一時期は多くの飲食店で各種Go Toキャンペーンの貼り紙を見かけたが、最近では中々見かけることがない

時短営業を強いられ、売り上げが落ち込んだ飲食店に対する経済支援の一環として行われたGo To Eatキャンペーン。農林水産省の資料によると、Go To Eatキャンペーンに関して「オンライン飲食予約サイトにて期間中に予約・来店した消費者に対し、飲食店で使えるポイント付与(1人最大1,000円)」、「登録飲食店で使えるプレミアム付食事券(2割相当分の割引等)を発行」と、2つの特典が記載されている。

プレミアム付き食事券の有効期限は、もともと2021年3月31日までだったのだが2021年12月15日までに延長された。しかし、関東の1都3県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)は11月30日までの「基本的対策徹底期間」中はGo To Eatプレミアム付き食事券利用の自粛を呼び掛けているため、現在も食事券を利用できない状況が続いているという。政府は未だ期限の延長や使えるようになる期間を発表していないため、Go To Eatプレミアム付き食事券を購入した人からは不満の声が寄せられているようだ。

どうなる「Go Toイート食事券」12月15日には有効期限切れも、方針示されずネット上には不満の声ものページです。オトナライフは、【マネーGo To EatGo To キャンペーンプレミアム付食事券】の最新ニュースをいち早くお届けします。