Chromeユーザー大迷惑!? Windows 11でEdgeの使用強制強化が進行中

10月に公開された「Windows 11」。難解な必要スペックからユーザーのひんしゅくを買っていたことは知られているが、今度は新たな物議をかもしそうな仕様が実装されたという。その仕様というのが、「リンクを開く際に『Edge』で開くことを強制する」ものだ。Edgeといえばマイクロソフトの開発するWebブラウザであり、かつて多くの人が使用していた「Internet Explorer(IE)」の後継とも言えるソフトウェアだ。

果たしてマイクロソフトはどのような思惑でEdgeの利用を強制しているのだろうか…。

マイクロソフト、Windows 11で「強制的にEdgeを開かせる仕様」を強化

(Image:Wachiwit / Shutterstock.com)

現在のWindowsにはEdgeが標準搭載されている

読者の方々がWebサイトを閲覧する際、Edgeやグーグルの「Chrome」など様々なWebブラウザを利用していることだろう。基本的にリンクは「https://」から始まり、リンクを開く際には「既定のブラウザ」として設定されているもので立ち上がる。しかし数年前からマイクロソフトの音声アシスタント・Cortanaが示すリンクなど一部で「microsoft-edge:https://」と記述されるリンクが登場しはじめ、そうしたリンクは強制的にEdgeで開かれるようになったのだという。

そんなマイクロソフトの小細工に対抗すべく、ユーザー側も有志が「Edgeで開くよう強制されたリンクを、ユーザーの好きなブラウザで開けるようにする」フリーソフトを開発し公開。「是が非でもEdgeを使わせたいマイクロソフト VS 強制を回避する方法を編み出したいユーザー」という対立構図が出来上がっていた。

しかし11月4日のWindows 11のアップデートから状況がさらに変化。「microsoft-edge:」がついているとEdge以外を設定することができなくなり、フリーソフトも機能しないようになったという。もはや“マイクロソフトの執念”とも言うべき対策が施されたのだった。

(Image:monticello / Shutterstock.com)

IE 11のサポートは2022年6月で終了予定だ

「強制的にEdgeで開くようになる」ということはつまり、普段Edge以外のブラウザを使っているユーザーは「Edgeで開く→URLをコピーする→Chromeなど自身が使っているブラウザで開きなおす」という手間がかかってしまうことになる。どう考えても非効率的な“改悪”と言わざるを得ないだろう。

マイクロソフトはなぜそこまで強引にEdgeを使わせようとするのだろうか。考えてみれば、Edgeの前のブラウザ・IEは、1990年代に「Netscape」との熾烈なシェア争いを制して以降「ブラウザといえばIE」というレベルまで普及した。30代前後の読者の方々も、小中学校のPCの授業でIEを使ってネット検索を行った経験がおありではないだろうか。

そんな圧倒的シェアを誇っていた過去の栄光があるマイクロソフトのブラウザも、現在Edgeの普及に苦戦を強いられている。世界中のトラフィック解析を行うStatcounterのデータによれば、2021年10月のシェアは1位のChromeが64.67%であるのに対し、Edgeは2位ながら19.06%と大きく差をつけられている状況だ。この差を少しでも縮めるため、強引にでもWindows 11ユーザーにEdgeを使わせる機会を増やし、あわよくばそのままEdgeユーザーとして定着することを狙っているのかもしれない。

果たしてマイクロソフトはWebブラウザ業界でかつての栄光を取り戻すことができるのだろうか。今後のシェアの推移にも注目していきたい。

参照元:Windows 11では「Edgeの強制を回避する裏技」がつぶされていることが判明【GIGAZINE

※サムネイル画像(Image:Wachiwit / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
X/Twitter:@otonalife

iPhone/Androidスマホやキャッシュレス決済、SNS、アプリに関する情報サイト[オトナライフ]

関連記事

Chromeユーザー大迷惑!? Windows 11でEdgeの使用強制強化が進行中のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogleブラウザMicrosoftMicrosoft EdgeChrome】の最新ニュースをいち早くお届けします。