Chromeユーザー大迷惑!? Windows 11でEdgeの使用強制強化が進行中

10月に公開された「Windows 11」。難解な必要スペックからユーザーのひんしゅくを買っていたことは知られているが、今度は新たな物議をかもしそうな仕様が実装されたという。その仕様というのが、「リンクを開く際に『Edge』で開くことを強制する」ものだ。Edgeといえばマイクロソフトの開発するWebブラウザであり、かつて多くの人が使用していた「Internet Explorer(IE)」の後継とも言えるソフトウェアだ。

果たしてマイクロソフトはどのような思惑でEdgeの利用を強制しているのだろうか…。

マイクロソフト、Windows 11で「強制的にEdgeを開かせる仕様」を強化

(Image:Wachiwit / Shutterstock.com)

現在のWindowsにはEdgeが標準搭載されている

読者の方々がWebサイトを閲覧する際、Edgeやグーグルの「Chrome」など様々なWebブラウザを利用していることだろう。基本的にリンクは「https://」から始まり、リンクを開く際には「既定のブラウザ」として設定されているもので立ち上がる。しかし数年前からマイクロソフトの音声アシスタント・Cortanaが示すリンクなど一部で「microsoft-edge:https://」と記述されるリンクが登場しはじめ、そうしたリンクは強制的にEdgeで開かれるようになったのだという。

そんなマイクロソフトの小細工に対抗すべく、ユーザー側も有志が「Edgeで開くよう強制されたリンクを、ユーザーの好きなブラウザで開けるようにする」フリーソフトを開発し公開。「是が非でもEdgeを使わせたいマイクロソフト VS 強制を回避する方法を編み出したいユーザー」という対立構図が出来上がっていた。

しかし11月4日のWindows 11のアップデートから状況がさらに変化。「microsoft-edge:」がついているとEdge以外を設定することができなくなり、フリーソフトも機能しないようになったという。もはや“マイクロソフトの執念”とも言うべき対策が施されたのだった。

Chromeユーザー大迷惑!? Windows 11でEdgeの使用強制強化が進行中のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスChromeGoogleMicrosoftMicrosoft Edgeブラウザ】の最新ニュースをいち早くお届けします。