「現金派」それとも「電子決済派」? キャッシュレス化が進む中でいまだに現金を使い続ける人たちの理由とは

「残高が分かる」「情報漏洩が心配……」など慎重派が多い?

キャッシュバックやポイント還元に興味のない人は、現金な人が多いものかもしれない

現金派の27歳女性は、「自分が今どれだけ使ったか、残高はどれぐらいか目で見て確認出来る。しっかりとお金の管理が出来るから」と回答。確かにキャッシュレス決済は画面上、ネット上でお金が動くため、ついつい使いすぎてしまう場合も。キャッシュレスの手軽さゆえのデメリットでもあるかもしれない。

「キャッシュレス決済の場合は、ネット上に個人情報を登録するため、情報漏えいが心配だから」という50代女性も。慎重派の日本人ならではの感覚だろう。特に新しいものを取り入れやすい若者に比べて、50代や高齢層に多い意見ではないだろうか。これらの理由もあって、日本のキャッシュレス化が遅れているとも考えられている。

58歳男性は「キャッシュレス決済が乱立していて使える店舗とそうでない店舗の確認が面倒」と回答。筆者も一度、「だいたいのお店で使えるから」とスマホ1つで買い物に出たところ、クレジットもQRコード決済も使用できず現金のみという店舗に遭遇した経験がある。幸運にも財布を取りに行ける距離だったから助かったものの、同様の場面に出くわした時には「やっぱりちょっとでも現金を持っとけばよかった……」と後悔することもあるかもしれない。

このような意見から、現金決済はいまだそれなりの需要があることがわかったが、キャッシュレス決済ではポイントが溜まったり、購入額の数%が還元されたりとうれしい付加価値も。「まだわたしも現金派」という人の中で、少しでも電子決済の導入に興味がある人がいれば検討してみて欲しい。

もちろんどちらか1つにする必要はない。先述のように、「お店によって使えなかったら……」とか「万が一スマホが壊れたら……」と心配なら、いつも通り財布とスマホを両方持ち歩けば問題ないのだから。

出典元:現金派と電子決済派どちらが多いか一般男女1,000名にアンケート調査!キャッシュレス化が進む中で現金を使い続ける理由は?【節約スタイル

※サムネイル画像(Image:prtimes.jp)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

「現金派」それとも「電子決済派」? キャッシュレス化が進む中でいまだに現金を使い続ける人たちの理由とはのページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレス現金払い】の最新ニュースをいち早くお届けします。