おじさんにはわからない「飛ぶぞ」「禁止カード」「現実を生きるリカちゃん」SNS流行語大賞2021ノミネートワード決定

2021年のツイートの中から最もバズった流行語を決める「SNS流行語大賞 2021」。流行語といえば、ユーキャンの「新語・流行語大賞」を思い浮かべる人も多いだろうが、イー・ガーディアンが発表するSNS流行語大賞も、今年で3回目を迎え年末の恒例となりつつある。今年は一体どんな言葉がノミネートされたのだろうか。

今回は、SNSにおける流行語について詳しく見ていこう。

「またしても何も知らない大泉洋」「飛ぶぞ」などテレビネタがノミネート

SNS世代にとって、普段から多用している言葉が多数ノミネートされたのではないだろうか(イー・ガーディアン調べ)

11月17日に30語のノミネートワードが発表されたSNS流行語大賞 2021。30語の中から、後日大賞が決定されるという。今回ノミネートされたのは、「またしても何も知らない大泉洋」「飛ぶぞ」といったテレビ番組を元ネタとするワードや、「(現実を生きる)リカちゃん」「マツケンサンバ」など昭和・平成の時代に一世を風靡し今年リバイバルした言葉が多数ノミネートされている。

「またしても何も知らない大泉洋」とは、北海道テレビの人気番組「水曜どうでしょう」で企画内容を知らされていないタレントの大泉洋が登場した際にテロップとして重ねられていた言葉。ツイッターでは「○○ vsまたしても何も知らない大泉洋」と食欲や睡眠欲などと大泉を戦わせたり、雰囲気を和ませるためにテロップ入りの当時の画像を投稿したりと、色々な場面で多用されている。

長州力がバラエティ番組「相席食堂」(朝日放送テレビ)に出演した際に、ホタテを食べ「意識が飛んでしまいそうなほど美味しい」という意味で使用した「飛ぶぞ」も凡庸性が高いワードとして支持された。推しのライブに参加した後の感想や、メディアで話題の絶品グルメを食べたときのコメントなど、「とにかく最高!」という気持ちを表現するにはぴったりの言葉だろう。また、「○○してみな、飛ぶぞ」と未経験の人に何かをおすすめする際に使う人が多いようだ。

おじさんにはわからない「飛ぶぞ」「禁止カード」「現実を生きるリカちゃん」SNS流行語大賞2021ノミネートワード決定のページです。オトナライフは、【SNSFacebookInstagramSNSSNS流行語大賞2021TikTokTwitterおじさんのSNS】の最新ニュースをいち早くお届けします。