勧めたい格安スマホ(MVNO)・サブブランドランキング、2位UQモバイルを抑えて1位となったのは?

2021年に、オンライン申し込みが可能で割安な「新プラン」が登場し、これまで「高い」とされてきた日本の携帯電話業界が大きな変化を遂げた。しかしそんな新プランによって割を食ったのがMVNOやサブブランドといった「格安スマホ」各社だ。強力なライバルの登場で格安スマホ業界の勢力はどのように変化していったのだろうか。

今回は「NPS®ベンチマーク調査2021MVNO・サブブランド部門」の結果から、現在の格安スマホ業界について考えていきたい。

NPS®調査、MVNO・サブブランド部門の結果が発表される

お得なプランは、友人・知人にも積極的に勧めたいのがユーザー心理だ

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションは11月18日、10月に実施した「NPS®ベンチマーク調査2021MVNO・サブブランド部門」の結果を発表した。NPS®とは「ネット・プロモーター・スコア(顧客推奨度)」の略称で、「ユーザーがそのサービスをどれだけ知人に勧めたいと感じたか」を測定する指標だ。

今回の調査では「IIJmio」「mineo」「OCN モバイル ONE」「UQモバイル」「ワイモバイル」の5社を対象に調査が行われている。その結果、NPS®のランキングで真ん中の3位となったのが、-17.8ポイントの「IIJmio」だ。5社全体の平均値は-23.4ポイントだったため、平均よりも良好な結果と言えるだろう。そして2位はauのサブブランドとしても知られる「UQモバイル」。-17.1ポイントと、3位・IIJmioを僅差で抑えての好順位となった。

ちなみに4・5位の下位2社はポイントのみで社名は公表されていない。そちらについても後ほどお伝えしていきたい。

勧めたい格安スマホ(MVNO)・サブブランドランキング、2位UQモバイルを抑えて1位となったのは?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidIIJmiomineoMVNOUQモバイルサブブランドランキング格安SIM格安スマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。