マイナンバーカード、最大2万円給付で問い合わせ急増も冷ややかな声「年配者には無理だと思う」

マイナンバーカード取得者に最大5,000円分のポイントが付与されるマイナポイント事業の申請が終了し、今度は最大2万円分のポイントが付与される新・マイナポイント事業が発表された。なにかと手続きが面倒なことから「5,000円なら取得しなくてもいいや」と思っていた人も、2万円となれば目の色を変えることだろう。案の定、マイナンバーカードに関する問い合わせが急増しているようだ。

佐賀市、マイナンバーカード窓口対応件数が5倍に

2万円も貰えるなら、申請しない手はない

佐賀新聞LiVEによると、佐賀県佐賀市では、新たなマイナポイント事業が報じられた5日以降にマイナンバーカードの申請や問い合わせが急増しているとのこと。これまで1日20件程度だった窓口対応が、現在は1日平均60件程度、多い日は5倍の100件近くにまで増えてきているのだという。また、「2万円はどうやったら貰えるのか」といった問い合わせも増えている。今回は2万円という、一般市民にとっては“大金”を付与されるため、やはり多くの人が無視できないようだ。

まだ確定ではないが、2万円はキャッシュレスサービスのポイントとなって付与される可能性が高い。詳細が発表された後は各種窓口が混み合うことが予想されるため、いまのうちにポイントを受け取るキャッシュレスサービスの申込みを済ませておいたりマイナンバーカードの申請を済ませておくのが得策なのかもしれない。

マイナンバーカード、最大2万円給付で問い合わせ急増も冷ややかな声「年配者には無理だと思う」のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフマイナポイントマイナンバーカード】の最新ニュースをいち早くお届けします。