アップルの「Lightningケーブル」が壊れやすい理由が判明!? その理由にネットからもツッコミ続出

読者のみなさんの中には、iPhoneなど何らかのアップル製品を持っていて家にLightningケーブルがある、という人も少なくないだろう。そんなアップル製品ユーザーならば、「アップル製品はケーブルがすぐに駄目になる」と感じたことのある人もいるのではないだろうか。

この「アップル製品のケーブルが破損しやすい」というのが、「気のせいではなく、製品デザインが原因である」という話が話題となっている。果たしてどんな理由で破損しやすくなっているというのだろうか…。

アップル、製品寿命と引き換えにデザイン性を向上?

かつてDockケーブルにはケーブルプロテクターが存在したという(画像はApple Explainedの動画よりキャプチャし引用)

“Lightningケーブル破損しやすい説”を唱えるのは、チャンネル登録者数109万人(2021年11月25日時点)を誇る「Apple Explained」というYouTubeチャンネルだ。Apple Explainedの投稿した「Why iPhone Cables Break So Easily」という動画によれば、Lightningケーブルの破損しやすい原因は2つあるという。

1つ目は「ケーブルのコネクタにある『ケーブルプロテクター』を無くしたこと」だと指摘。ケーブルプロテクターは、特に負荷のかかるケーブルのコードと端子のつなぎ目を守るためのものだ。しかしアップルは機能性よりもデザイン性を優先し、破損率が上がることをわかったうえでデザイン的に美しくないケーブルプロテクターの廃止を決定したことが原因なのだという。

そして2つ目の原因は、スティーブ・ジョブズが2007年からスタートさせた「アップル製品の素材から有害なものを排除する環境問題への取組み」だという。取組みを進める中で、ダイオキシン類の発生を抑制するためプラスチックビニール材料のポリ塩化ビニル(PVC)の使用を廃止。ケーブルの素材が曲がりやすく壊れやすい薄いゴム製のスリーブに置き換わったことで、さらに破損しやすくなったとしている。

アップルの「Lightningケーブル」が壊れやすい理由が判明!? その理由にネットからもツッコミ続出のページです。オトナライフは、【デバイスAppleiPhoneLightningケーブルUSB Type-C】の最新ニュースをいち早くお届けします。