ぷよぷよのりんご版「ぷよりんご」が無理ゲーすぎると話題。まるごと青森が公開!

読者のみなさんは、りんごの品種を見た目だけで識別することはできるだろうか。おそらく「できる」と答えられるのは、りんご農家かりんごの生産が盛んな地域の出身者くらいだろう。そんなりんごの品種の識別をゲーム化した「ぷよりんご」を青森県が開発したという。今回はりんごの識別が難しすぎて「無理ゲー」とネットで話題のぷよりんごについて詳しく見ていこう。

青森県観光企画課公式が開発した「ぷよりんご」が話題

SEGAの「ぷよぷよプログラミング」のサンプルコードをベースに開発されたぷよりんご(画像:Twitterの投稿から引用)

11月23日、青森県観光企画課の公式アカウント・まるごと青森(@marugotoaomori)は、「#ゲームの日 ということで #ぷよりんご 作ってみました!りんごの品種別に消すタイプ。青森県民なら『むずかしい』でも余裕!?」とツイート。プレイしている動画とともに、SEGAの大ヒットゲーム・ぷよぷよシリーズをオマージュした「ぷよりんご」を制作したことを報告した。

同ゲームは、落ちてくる2つのつらなったりんごを組み合わせ、同種のりんごを4つ以上繋げて消していくというもの。消えたりんごは収穫され、「とった量」として重量が表示される。レベルは「やさしい」「ふつう」「むずかしい」を選択することができ、レベルが上がるごとに登場するりんごの品種が4種、5種、8種と難易度がアップしていく。りんごの品種に詳しい青森県民ならまだしも、りんごの品種を全く知らないという人にとって、見た目が似ている複数のりんごを見分けるのは至難の業だろう。

ぷよぷよのりんご版「ぷよりんご」が無理ゲーすぎると話題。まるごと青森が公開!のページです。オトナライフは、【アプリSEGATwitterぷよぷよまるごと青森】の最新ニュースをいち早くお届けします。