iPhoneの2台持ちで同期させない方法や解除する方法を解説! iPadにも適応する?

iPhoneを2台持ちしている場合、それぞれのiPhoneに別の役割を持たせている人も多いだろう。例えば、電子決済などの普段使いの端末と趣味の読書用の端末は同期する必要はない。しかし、役割を分けているのに同期してしまっていることで不都合が生じているケースもある。

そこで、本記事ではiPhoneを2台持ちしても同期させない方法と解除方法を解説する。iPadに関しても解説するのでぜひ参考にしてほしい。

iPhoneの2台持ちで同期させたくない理由

同期させたくない理由(Image:guteksk7 / Shutterstock.com)

人によって異なるが、iPhoneを2台持ちで同期させたくない理由は以下が多い。

●用途で役割分担させたい
●通話と別作業をしたい
●アプリアカウントを複数持ちたい

まとめると、2つのiPhoneにはそれぞれ別の働きをしてほしいのが主な理由である。しかし、同期してしまった場合、役割分担が不可能となるだけでなく、別作業もできなくなってしまうのだ。

また、故障時の代替品やバッテリー容量の関係で2台持ちしている場合は、同期する・しないは所有者の判断による。

※本記事では、2台持ちしているiPhoneにそれぞれ違う役割を持たせたいユーザーを中心に解説を進めていく。

iPhoneの2台持ちで同期させない方法・手順

iPhoneの2台持ちで同期させない方法・手順

2台持ちのiPhoneを同期させない方法は、「設定」から「iCloud利用のアプリをオフ」にすれば解除可能だ。Apple IDを1つで管理している場合、この方法で解除しなければ勝手に同期されてしまうので要注意だ。

なお、設定はどちらか片方のiPhoneで行えば問題はない。気になる人は1台目の設定終了後、2台目の同期確認を確認を行おう。

1.設定

1.設定

画面に表示されている歯車マークの「設定」をタップしよう。その画面に表示されている「自分の名前」を選択する。「自分の名前」は設定の最上部に配置されており、自身が設定した名前になっているため、迷うことはないだろう。

2.名前

「自分の名前」をタップしたら、次は「iTunesとApp Store」を選択する。次に表示された画面には上から「ミュージック」「App」「Appのアップデート」とあるため、自動ダウンロードをオフにすれば完了だ。これで音楽とアプリの同期は解除される。

3.iCloud

3.iCloud

iCloudの同期を解除すると写真や動画、電話帳などのデータを2台で同期しなくなる。iCloudの同期を停止する場合は「自分の名前」から「iCloud」をタップしよう。

4.iCloud利用のアプリをオフ

4.iCloud利用のアプリをオフ

「iCloud」を開くとインストールされているアプリの同期状態が確認できる。ここから同期したくないアプリの同期をオフにしていけば、2台持ちをしていても情報がiPhone間で同期されることはなくなるはずだ。

また、同期しているApple製品間での同期も停止する。同期していないと困るデータは、同期設定をオンのままにしておこう。

iPhoneの2台持ちで同期させない方法や解除する方法を解説! iPadにも適応する?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneiPhone2台持ち】の最新ニュースをいち早くお届けします。