英文のメールを素早く打つ時短テクニックのツイートが話題!「この発想はなかった」

読者のみなさんはパソコンで英文を打ち込む際に苦労したことはあるだろうか。スペルミスしていないか1単語ずつ確認したり、英語入力への切り替えを行ったりと、なかなか面倒な英文入力。今回は、日頃からパソコンで英文を打つ機会が多い人必見!ネットで話題を呼んでいる平日歩兵(@gontasan1992)さんのツイートをもとに、各段に効率が上がる英文入力の裏技について紹介する。

3万いいね超え、英文入力を素早くする裏技とは?

平日歩兵(@gontasan1992)さんのツイートには多くの反応が殺到している(画像はTwitterの投稿画像から引用)

平日歩兵さんは11月27日、自身が辞書登録した英文一覧のキャプチャ画像とともに「英語のメールを打つのが本当に面倒で色々悩んだ結果ひらがなで英文を登録してから1年程が経ちましたが、結論めちゃくちゃ使ってます。割と便利です」とツイート。「謝罪」や「催促」、「お礼の連絡」の際によく使う定型文の英文をひらがな4文字で呼び出せるよう登録し多用しているという。さらに「単語登録みたいに自分で応用方法を考えていくと結構有用です」といったアドバイスも付け加えた。

同ツイートには3.3万件を超えるいいね(2021年11月29日時点)が寄せられ、ネットで話題を呼んでいる。リプライには「天才すぎる」「早速真似します」など、平日歩兵さんの裏技を称賛する声が続出。中でも「この発想はなかった」「着眼点がすごい」といった声が多数寄せられていたのが、ひらがなの登録に対するリアクション。「四文字の省略ひらがなで何を入力したいのか即わかる感じが気持ちいいですね!」など使いやすさも考慮している方法に、驚かされたという人も多いようだ。

英文のメールを素早く打つ時短テクニックのツイートが話題!「この発想はなかった」のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスExcelTwitterツイートメールの設定方法辞書登録】の最新ニュースをいち早くお届けします。