「一人鳥貴族」が楽園だった漫画レポに共感の嵐「絶対行く」「新手の食テロ」などツイートが話題

読者のみなさんは、1人で鳥貴族に行ったことがあるだろうか。ボリューミーな串をはじめとするメニューが税込327円均一で楽しめる鳥貴族だが、1人で足を運ぶには少し勇気がいるという人も多いのではないだろうか。今回は、ネットなどで漫画作品を公開する漫画家・ミツコ(@_3_2_5_)さんが投稿した、1人居酒屋初心者の手本となりそうなレポート漫画をもとに、1人鳥貴族の魅力を紹介する。

鳥貴族の半個室風カウンター席で至福のおひとり様時間を

ミツコ(@_3_2_5_)さんのツイート(画像:Twitterの投稿画像を引用)

11月28日、ミツコさんは自身のツイッターアカウントにて「一人鳥貴族が楽園だった話」と題した作品を2ツイートにわたって投稿。週2回も1人で鳥貴族に通うようになったミツコさんの鳥貴族愛が6ページにわたって描かれている。

仕事でトラブルにむしゃくしゃして、「酒でも飲まなきゃやってらんねぇ」と鳥貴族に向かい人生初の1人居酒屋に挑戦したミツコさん。サラリーマンや学生で賑わうゴールデンタイムでも周りを気にせず1人飲みを楽しめる半個室風のカウンターで、リーズナブルかつクオリティの高いメニューを満喫した。

同作品の中でも目を引くのが、主人公がご飯を食べて感動しているシーン。「超!白ねぎ塩こんぶ」や「ささみ塩焼-わさび添え-」「ひざなんこつ」、「ふんわり山芋の鉄板焼」など、鳥貴族の人気メニューがミツコさんの画力で再現されている。あまりのおいしさに目をキラキラと輝かせながら料理をほおばる様子を見れば、1人鳥貴族を体験したくなること間違いなしだろう。「あ~ずっといられるわぁ…iPad持ってきてYouTubeとか海外ドラマ見ながら飲んだら最高だな」と、新たな鳥貴族の楽しみ方を見出しているようだ。

「一人鳥貴族」が楽園だった漫画レポに共感の嵐「絶対行く」「新手の食テロ」などツイートが話題のページです。オトナライフは、【グルメTwitterで話題一人鳥貴族鳥貴族】の最新ニュースをいち早くお届けします。