増加する「ご当地ナンバー」はなんのため? 反強制で拒否できない!?

「若者の車離れ」なんて言葉もあるが、やはり車を持つことに憧れを抱いている人も多い。愛車としてより楽しむため、購入時に4桁の数字を選ぶことができる希望ナンバーを取得する人もいるだろう。一方、コロナ禍で問題になったのが「ナンバー狩り」。遠方から訪れたと思われる地域名のナンバーの車に嫌がらせをするようなこともあった。なかでも「ご当地ナンバー」について今、様々な意見が挙がっているのだ。

地域振興のため、強制的に「ご当地ナンバー」に

ナンバーの地域の数が多いのは、東京と千葉が10で同数。続いて北海道9、愛知8(画像は国土交通省地方版図柄入りナンバープレートから引用)

車を所有している読者のみなさんはご存じだろうが、「ご当地ナンバー」というものが使用されている地域がある。

ナンバープレートの地域名は、従来当該自動車を使用する本拠地を管轄している運輸支局、または自動車検査登録事務所の名称や所在地を表示しているもの。名称が追加されるのは、当該事務所の新設に伴うものだけだった。ところが、地域振興や観光的な観点から事務所新設に関わらず新設されたナンバープレートが誕生した。これが「ご当地ナンバー」だ。ちなみに東京都では、従来のナンバーと「世田谷」などのご当地ナンバー含めて、10もの地域ナンバーが存在する。

ところがこれ、希望者だけが使用するというものではなく、ご当地ナンバーの対象地域に住んでいれば強制的に従来のナンバーは使われなくなってしまう。世田谷区の場合、それまでは品川ナンバーのエリアだったが、新たに引っ越してきた場合や住民が車を購入した場合、世田谷ナンバーを付けざるを得ないという。

車に興味がない、所有していないという人には「なんでもいいのでは?」と思うかもしれないが、実はかなりの批判が集まっているのだ。

増加する「ご当地ナンバー」はなんのため? 反強制で拒否できない!?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフご当地ナンバー】の最新ニュースをいち早くお届けします。