増加する「ご当地ナンバー」はなんのため? 反強制で拒否できない!?

地域名で「ランクダウン」?そもそも緊急時「わかりにくい」

筆者も以前、品川ナンバーが欲しくて杉並から世田谷に引っ越したことも(画像は国土交通省地方版図柄入りナンバープレートから引用)

確かにご当地ナンバーの車を見て、他地域ではあまり知られていない地名だと「あの地域なんだ?」「どこの都道府県だろう?」と気になって調べることもある。これがいわゆる地域振興、地域のことを知ってもらうきっかけになっているのだろう。

ところがネット上で聞こえてくる世間の意見はかなり辛辣。都市部では特に「○○ナンバーはダサい」など地域名を比べて、「ランクダウンする」「車の価値が下がる」なんて言葉も聞こえてくる。もちろん物理的に価値が下がるようなことは発生しないが、そのような偏見が生まれてしまっているのなら、ご当地ナンバーの制度について見直す必要があるのかもしれない。

また、「こういうの増えすぎてなんかあったときの通報時にわかりづらすぎる。全く知らない地名だと『あれ?なんだっけ』って忘れてしまったりする」といった意見も。車輌認証の「わかりやすさ」といった点では、かえって混乱させている可能性も否めない。

その点では地域PRのため導入された「イラスト入りナンバープレート」についても「見にくい」など否定的な意見が多く見られた。

地域振興や観光、PRを目的に取り入れられたご当地ナンバー。目を惹いたり話題になったりすることを踏まえれば、メリットもあるのだろうが、“強制”制度は疑問を抱く人が多いようだ。こういった世間の意見も踏まえて、今後どのようになっていくか注目したい。

参照元:取得済みの人以外は強制的に「ご当地ナンバー」! 嫌う人もいるが拒否できない現実【WEB CARTOP】
●国土交通省(地方版図柄入りナンバープレート)は→こちら

※サムネイル画像は(Image:国土交通省地方版図柄入りナンバープレートより引用)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

増加する「ご当地ナンバー」はなんのため? 反強制で拒否できない!?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフご当地ナンバー】の最新ニュースをいち早くお届けします。