どうりで漫画・アニメの「セーラー服」に違和感を感じたのは! 形の地域差を紹介するツイートが話題

最近では減りつつあるが、そのデザインには男女ともに根強いファンも多い「セーラー服」。中学、高校とブレザーで学校生活を過ごした女性は、セーラー服に憧れた時代もあったのではないだろうか。そんなセーラー服、地域によってデザインが大きく異なることをご存じだろうか。

今回はツイッター上で話題となった「セーラー服の型」についてお伝えしていきたい。

あなたがしっくり来るセーラー服はどれ?

襟の形が地域によって違う!明石スクールユニフォームカンパニー(@akashi_suc)さんのツイート。(画像はTwitterの投稿画像から引用)

今回話題を呼んでいるのは、学生服メーカーの老舗「明石スクールユニフォームカンパニー」の公式アカウント(@akashi_suc)によるツイート。内容は以下の通りだ。

セーラー服といっても様々な型があることをご存知でしょうか?
巷では関東襟・関西襟・名古屋襟などとも言われているようです。
とはいえ、関東だから浅め、名古屋だから深めという決まりがあるわけではなく…。
なぜ地域によって傾向が偏っているのか実は謎なのです

図解付きで各地域のデザインを並べたイラストを見てみると、各地域の違いがよく分かる。札幌は襟が丸く、肩幅まである。襟下は短いため、下着が見えないようにする「胸あて」がないのが特徴だ。関西は襟が直線的で、こちらも肩幅まである。襟下はバストより低い位置にあるため、胸あては必須アイテムだそう。関東は襟が丸く、肩幅より狭い小さめの襟。襟下は基本的にバストより上で、胸あてはあったりなかったりするようだ。名古屋は襟が直線的で、肩幅をすっぽり覆う大きい襟が特徴。襟下はかなり低い位置にあり、胸あては必須だ。

どうりで漫画・アニメの「セーラー服」に違和感を感じたのは! 形の地域差を紹介するツイートが話題のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフTwitterで話題セーラー服】の最新ニュースをいち早くお届けします。