「Kindle Unlimited」とは? 料金やメリット・デメリットを解説!

Kindle Unlimitedは、Amazonが提供している電子書籍サービスになっており、小説・漫画・雑誌など幅広いジャンルの書籍が定額で読み放題になっている。そんなKindle Unlimitedの料金やメリット/デメリットについて解説していく。

「Kindle Unlimited」とは?

Kindle Unlimitedとは、小説・漫画・雑誌など幅広いジャンルの電子書籍が定額で読み放題になっているサービスだ。そんな、Kindle Unlimitedとは具体的にどういったサービスなのかを解説していく。

・Amazonの電子書籍読み放題サービス

Kindle Unlimitedとは、小説・漫画・雑誌など幅広いジャンルの中から選ぶことができ、好きなだけ本を読むことができるAmazonの電子書籍サービスになっている。

Amazonの電子書籍サービスであるKindle Unlimitedでは30日間の無料体験ができるため、お試しでサービスを利用できる。そして、Amazonの電子書籍サービスであるKindle Unlimitedの無料期間を過ぎると、月額料金980円で読み放題できる。

・Prime Readingとの違い

Amazonが提供しているサービスで、Kindle Unlimited以外にPrime Readingがあるが、両者の違いとはなんだろうか。Kindle UnlimitedとPrime Reading、どちらも読み放題できるAmazonの電子書籍サービスになっている。そこでKindle UnlimitedとPrime Readingの違いについて解説していく。

  Kindle Unlimited Prime Reading
月額料金 月額料金980円 月額料金500円/
年額料金4900円のどちらか
書籍タイトル数 200万冊以上 1000冊以上
単体契約 単体契約 Amazonプライム会員の特典で
あるためPrime Readingの
単体契約はできない
無料期間 30日間 30日間

※SPはスライドしてご確認ください。

上記のように、Kindle UnlimitedとPrime Readingの違いとは、まず月額料金が異なることだ。Kindle Unlimitedは、月額料金980円に対してPrime Readingは、Amazonプライム会員の特典になっているため、月額料金500円もしくは年額料金4900円であるAmazonプライム会員になることで利用できるようになっている。

Prime ReadingはAmazonプライム会員の特典であるため、単体契約はできない。しかし、すでにAmazonプライム会員になっているのであれば、追加料金を必要とせず、Prime Readingを利用できるということになる。

また、書籍タイトル数もKindle Unlimitedは、200万冊以上読み放題できるが、Prime Readingは1000冊以上となっており、読み放題できる書籍タイトル数が大幅に異なっている。

無料期間はKindle UnlimitedとPrime Reading、どちらも30日間となっている。

「Kindle Unlimited」の料金プラン

Kindle Unlimitedの料金プランや支払い方法について解説していく。

・月額料金

Kindle Unlimitedの月額料金は980円になっており、Kindle Unlimitedの料金プランは1つのみになっている。そして、Kindle Unlimitedに登録してから30日間は無料でサービスを利用できる。ただし、Kindle Unlimitedに登録してから30日を過ぎると月額料金980円が発生する。

よって、Kindle Unlimiteを無料お試し期間だけ利用したい場合は、無料期間中に解約した方がいいだろう。また、登録してからすぐにKindle Unlimitedの解約をしても、30日間はサービスを利用できる。

・支払い方法

Kindle Unlimitedの支払い方法は、3つの方法の中から選択できるようになっている。

・クレジットカード/デビットカード
・Paidy翌月払い
・携帯決済(ドコモ・ソフトバンク対応)

上記の支払い方法の中から選択できるので、自分に合った支払い方法を設定することができる。

「Kindle Unlimited」のメリット

Kindle Unlimitedの月額料金や支払い方法について解説したが、Kindle Unlimitedのメリットとは一体なんだろうか。そこでここでは、Kindle Unlimitedのメリットについて解説していく。

【メリット①】荷物にならず気軽に読める

Kindle Unlimitedのメリット①は、荷物にならず気軽に読めることだ。Kindle Unlimitedなどの電子書籍サービスであれば、スマホやタブレットなどの端末さえあればすぐに小説や漫画を読むことができる。そのため、好きな時に好きな場所で読むことが可能になる。

紙媒体の小説であれば、持ち運ぶ際にどうしてもかさばり、カバンが重くなってしまう。電車で読むなら、なるべくコンパクトな方が読みやすい。しかし、Kindle Unlimitedの電子書籍なら、ページ数の多い小説であっても邪魔にならず、コンパクトなスマホ端末を取り出すだけで読むことができるのだ。

【メリット②】月数冊読むだけで元が取れる

Kindle Unlimitedのメリット②は、月に数冊読むだけで元が取れることだ。Kindle Unlimitedは、月額料金980円で読み放題になっている。例えば、漫画を購入すると大体400円程度かかるが、Kindle Unlimitedで漫画を月に3冊読めば充分元は取れるということになる。

また、小説であれば1冊あたり大体1000円と考えると、月に1冊読みば元は取れるのだ。よって、漫画や小説を購入するよりも、Kindle Unlimitedを利用してスマホ端末で読む方がお得と言える。

【メリット③】読める冊数が多くジャンルも幅広い

Kindle Unlimitedのメリット③は、読める冊数が多くジャンルも幅広いことだ。Kindle Unlimitedで読むことができる書籍タイトル数は、200万冊以上だ。他の電子書籍サービスと比較しても、その数は圧倒的に多い。また、Kindle Unlimitedはジャンルも幅広い。

Kindle Unlimitedのジャンルは、スポーツ/アウトドア・コミック・エンターテイメントなど、全部で28種類もある。また、作品によってはシリーズになっているものもあるが、それらもすべてKindle Unlimitedで読むことができるため、好きなだけ楽しめるようになっているのだ。

【メリット④】対応端末の種類が多い

Kindle Unlimitedのメリット④は、対応端末の種類が多いことだ。Kindle Unlimitedで利用できる端末は、スマホ・タブレット・パソコンとなっており対応端末が多い。例えば、自宅のパソコン端末で小説を読んで、外出先ではスマホ端末で読むなど、用途に応じて対応端末を使い分けることができるのだ。

また、Amazonアカウントを利用することで、対応端末同士で同期できるため、同じ小説を対応端末同士で楽しむことができる。利用できる端末を限定しないので、対応端末が多いのは大きなメリットと言える。

【メリット⑤】オフラインで読むこともできる

Kindle Unlimitedのメリット⑤は、オフラインで読むこともできることだ。Kindle Unlimitedに限ったことではないが、スマホ端末で電子書籍を読むと、どうしても通信料がかかってしまう。そのため、あまり長い間読むと通信制限がかかってしまう。

また、通信環境が不安定だと読み込みが遅くなってしまったり、内容が表示されなかったりする。しかし、Kindle Unlimitedではダウンロード機能が備わっており、作品をダウンロードすることで通信料を気にすることなく読めるようになっている。一度、ダウンロードすれば電波が悪い場所であっても関係なく、作品を読むことができるのだ。

「Kindle Unlimited」のデメリット

Kindle Unlimitedのメリットについて解説したが、次はKindle Unlimitedのデメリットについて解説していく。

【デメリット①】ラインナップの変動が大きい

Kindle Unlimitedのデメリット①は、ラインナップの変動が大きいことだ。Kindle Unlimitedは、月額料金980円で読み放題になっている。しかし、すべての作品に対応しているわけではない。別途有料の作品もあるのだ。

そのため、読み放題の対応作品になっていても、時間が経過すると対応作品から外れてしまい、有料作品になってしまう。このことにより、対処方法としては、気になる作品を見つけたら、対応作品から外れてしまう前にすぐダウンロードするようにしよう。

【デメリット②】現在人気や話題の本は少ない

Kindle Unlimitedのデメリット②は、現在人気や話題の本は少ないことだ。Kindle Unlimitedでは、200万冊以上の作品が読み放題になっている。しかし、人気の作品や話題の作品は、対応作品には入っていない。

例えば、鬼滅の刃などを読もうと思っても対応作品には含まれていないのだ。どちらかと言えば、少し前に話題になった作品や、あまり知られていないような作品が多いと言えるだろう。

【デメリット③】検索機能が使いづらい

Kindle Unlimitedのデメリット③は、検索機能が使いづらいことだ。Kindle Unlimitedでアプリから読みたい作品を検索すると、通常販売の作品と読み放題の作品が検索結果に表示されてしまう。そのため、誤って有料作品を購入してしまう可能性があるのだ。

Kindle Unlimitedで読み放題の作品には、必ず作品名の下に「Kindle Unlimited」という表示がある。読み放題の作品を探したい時には、検索結果に表示された作品に「Kindle Unlimited」のアイコンがあるか確認するようにしよう。

【デメリット④】同時に保持できる冊数は10冊まで

Kindle Unlimitedのデメリット④は、同時に保持できる冊数は10冊までになっていることだ。Kindle Unlimitedではダウンロード機能が備わっており、作品をダウンロードすることで通信料を気にすることなく読めるようになっている。

一度、ダウンロードすれば電波が悪い場所であっても関係なく、作品を読むことができるのだ。しかし、ダウンロードできる作品は10冊までとなっており、それ以上の作品をダウンロードすることはできない。

もしすでに10冊ダウンロードしており、その他にもダウンロードしたい作品がある場合は読み終わった作品を削除しよう。削除して空きを作れば、新たにダウンロードすることが可能だ。

「Kindle Unlimited」の登録方法

Kindle Unlimitedのメリット/デメリットを理解したところで、実際にKindle Unlimitedに登録してサービスを利用してみよう。ここでは、Kindle Unlimitedの登録方法について解説していく。

【登録方法①】上記プランで登録するをタップする

Kindle Unlimitedの登録方法①は、上記プランで登録するをタップすることだ。まずは、Kindle Unlimitedの公式サイトにアクセスする。

そうすると、上のような画面が表示されるので、「上記プランで登録する」をタップする

通常であれば、30日間が無料期間になっているが、キャンペーンが開催されているときは、上記プランで登録するになっている。今回のキャンペーンは、2ヶ月間は無料でサービスを利用できるというものだ。そして、2ヶ月経過後は、月額料金980円で読み放題できる。

【登録方法②】支払い方法を選択する

Kindle Unlimitedの登録方法②は、支払い方法を選択することだ。Kindle Unlimitedの支払い方法は、3つの方法の中から選択できるようになっている。それは、クレジットカード/デビットカード支払い・Paidy翌月支払い・携帯決済支払い(ドコモ・ソフトバンク対応)になっている。「支払い方法」にチェックを入れたら、「続行」をタップする。

【登録方法③】登録完了

支払い方法を選択して、続行をタップすれば、登録完了画面が表示される。そうすれば、Kindle Unlimitedの登録は完了になり、すぐに作品を読むことができる。

※サムネイル画像(Image:K I Photography / Shutterstock.com

「Kindle Unlimited」とは? 料金やメリット・デメリットを解説!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAmazonKindle Unlimited】の最新ニュースをいち早くお届けします。