Twitterポリシー変更は芸能人や有名人であっても「同意」が必要なのか?

「この写真、SNSにアップしていい?」と他人から聞かれたことはあるだろうか。ツイッター社は11月30日、写真や動画の被写体となっている人の同意がない場合、投稿の削除などを行なうとするポリシー変更をした。自分の預かり知らぬところで画像が流れるのはトラブルのもとになりかねないが、一部からは「めんどくさい」という声も聞かれた。

同意のない他人の写真・動画の投稿はNGに

SNSと人間関係は切り離せないが、個人情報が流出するリスクも高い

ツイッターが「個人情報に関するポリシー」を更新し、個人の写真・動画の無断投稿を禁じた。他人が写った画像や動画をツイッター上にアップする際は本人の同意が必要となり、もし被写体の同意なしに投稿された写真・動画に対して報告があった場合は投稿を削除するなどの措置を行うとしている。

個人情報の公開について、ツイッターは2019年に住所や電話番号、GPS座標などの投稿を禁止している。今回の措置は、そこに写真と動画が加わるかたちとなった。

いったん掲載されてしまった画像を、話し合いによって消してもらうことは難しい。嫌がらせ目的であれば相当困難であり、悪気のない行為だったとしても角の立たない伝え方をしなければならず、場合によっては人間関係にヒビが入ってしまう。それよりも、さっと報告して削除してもらえるのであればありがたい。

Twitterポリシー変更は芸能人や有名人であっても「同意」が必要なのか?のページです。オトナライフは、【SNSTwitter個人情報】の最新ニュースをいち早くお届けします。