一緒に暮らしたい猫キャラクターランキング、3位魔女の宅急便の「ジジ」、2位サザエさんの「タマ」、1位は?

突然だが皆さんは犬派だろうか、猫派だろうか。筆者は完全に猫派で、テレビに猫が映った瞬間「ぬこ♡」とデレデレしてしまう。現在は飼ってはいないが、実家ではそれはそれはカワイイ猫を……と、ちょっと話を元に戻すと、世の中に猫がモチーフとなったキャラクターはたくさんある。果たしてそのなかでの人気ナンバーワンは誰なのだろうか?

まずは10位~4位。昭和生まれに刺さるキャラクターもランクイン

筆者が小学生のときに使った裁縫道具箱も、うちのタマ知りませんか?の柄だった(画像:Amazonより引用)

第10位は「タマ&フレンズ うちのタマ知りませんか?」の「タマ」。昭和生まれには身もだえするほど懐かしいキャラクターだ。「裁縫箱がコレだった」という人もいるのでは。第9位は「猫の恩返し」の「バロン」。タマからいきなりタイプが変わって、おしゃれなスタジオジブリの映画のキャラクターだ。ネコというよりむしろ紳士の印象が強い。第8位は彦根市のゆるキャラ「ひこにゃん」。今はその人気も落ち着いているが、ブームが最高潮のときは年賀状が18万枚も届いたことで世間を驚かせたこともある。

第7位は現在小学生を中心に大ブームを巻き起こし、母子ともにハマっているという人や、ひそかに実は男子もファンも多いとウワサの「すみっコぐらし」から、その名もずばり、「ねこ」。そもそもすみっコぐらしは、キャラクター全員が若干ネガティブな設定なのも共感と人気を得ている理由だろう。第6位は「夏目友人帳」の「ニャンコ先生」。2007年から漫画の連載がスタートした息が長いキャラクターだ。

第5位は「トムとジェリー」から「トム」。外国のキャラクターっぽい動きとその振る舞いから、日本の猫のイメージとはちょっと違うため、「そういえば猫だった」という印象が否めない。第4位は「ハローキティ」。日本が誇る人気キャラクターの一人といっても過言ではないが、もはや猫を通り越して「キティちゃん」というジャンルを確立している。最近は、「そんなものとコラボするの!?」と、こちらが心配になるほど仕事を選ばないことでも有名だ。

一緒に暮らしたい猫キャラクターランキング、3位魔女の宅急便の「ジジ」、2位サザエさんの「タマ」、1位は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフジジタマドラえもんランキング】の最新ニュースをいち早くお届けします。