東京23区で「保育園に入りにくい駅」ランキング、3位新小岩駅、2位西葛西駅、4年連続不動の1位は?

子育て世代にとって、子どもを保育園に入れられるかどうかは非常に大きな問題。特に待機児童の問題が深刻だった東京都では「待機児童ゼロ」をめざし、保育サービスの施設数や定員数を増やすなどの努力を続け、2016年には8,466人だった待機児童数が2021年には969人にまで減少している。ただそれでも住んでいる地域によっては、まだまだ保育園に入りづらい状況は続いている。そこで今回は不動産情報サイト「住まいサーフィン」で発表された「保育園に入りにくい駅ランキング」を紹介する。

ワースト10には、ファミリー層に人気の街が多数ランクイン

少子化により0歳児の人数は減っているが、0歳児定員数も減少している

スタイルアクト株式会社が運営する不動産情報サイト「住まいサーフィン」では、東京23区の2022年4月入園における認可保育所に入りやすい駅、入りにくい駅を調査し、その結果を発表した。ここではそのワースト10のランキングを紹介していく。

第10位は足立区「竹ノ塚駅」で最大不足人数は379人。第9位は中央区「勝どき駅」で389人。第8位は江戸川区「船堀駅」395人、第7位は江戸川区「篠崎駅」396人、第6位は足立区「北綾瀬駅」405人。勝どき駅は前年調査では4位であったが、定員が15%増加されたことから今年は第9位と改善が見られた。その一方で、篠崎駅は昨年13位から7位へ、船堀駅は12位から8位へとランクが上がりトップ10入りしてしまった駅もあった。

続いて、第5位には杉並区「荻窪駅」で最大不足人数は411人、第4位には江東区「豊洲駅」で436人となっている。どちらも子育て世帯に人気のエリアだけに、“保活”は苦戦が強いられることになりそうだ。

東京23区で「保育園に入りにくい駅」ランキング、3位新小岩駅、2位西葛西駅、4年連続不動の1位は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフランキング保育園新小岩駅荻窪駅葛西駅西葛西駅豊洲駅】の最新ニュースをいち早くお届けします。