iPhone 6 Plusが2021年末で「ビンテージ製品入り」って一体なに?

「iPhone 6 Plus」が2021年12月31日にビンテージ製品入りすることがわかった、とアメリカのメディア「MacRumors」が報じている。この報道によると、2021年12月31日でビンテージ製品入りとなるのは、2014年に発売されたiPhone 6 Plusのみ。同時に発売されたものの、販売終了の時期がずれ込んだiPhone 6は、どうやらまだ対象外となるようだ。

そもそも、ちょっとおしゃれ感すら感じるこの「ビンテージ製品」、どういう呼び方、どういう意味かご存じだろうか。

要するにサポート終了モデル。それでも“ビンテージ製品”と呼ぶと敬意すら感じる

(Image:Leszek Kobusinski / Shutterstock.com)

iPhone 6 Plusよりなにより、有線のイヤホンが「懐かしい」と感じてしまう

アップルのいうビンテージ製品とは、製造中止から5年以上7年未満の製品のこと。既にiPhone 6 PlusのiOSのサポートは12で打ち切られており、現在のiOS 15には当然対応していない。要するにビンテージ製品=サポート終了品のことなのだが、ネットではこの呼び方を賞賛する声もある。ビンテージ製品と呼ぶことで、さも「まだ価値が残っている」かのように印象づけ、古い製品への「今までありがとう」という敬意すら感じる呼び方だからだ。こういった細かなネーミングまで一味違う、さすがアップル、といったところか。

ビンテージ製品よりさらに“ベテラン”、つまり製造中止から7年以上経つ製品は「オブソリート製品」と呼ばれる。オブソリートとはObsolete、時代遅れの、使われなくなった、という意味で、こちらはビンテージに比べ、ど直球な呼び方である。これは「もういい加減買い換えてくださいよ」というアップルの圧を感じる。このあたりの使い分けもさすがアップルと言える……だろうか?

iPhone 6 Plusが2021年末で「ビンテージ製品入り」って一体なに?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhone 6 PlusiPhoneの話題ビンテージ製品】の最新ニュースをいち早くお届けします。