吉野家の缶飯牛丼、具のみと勘違いするツイートが話題!「牛丼ライスになっちゃったよ!」

読者のみなさんは、大手牛丼チェーン・吉野家の「缶飯牛丼」をご存じだろうか?災害時などにも美味しい牛丼を食べてほしいと「非常用保存食」として売り出されている缶詰だが、白米が入っていることを知らずに、食べようとしたとき事前に白米を用意してしまう人が続出しているという。

今回は、そんな“缶飯牛丼あるある”を経験した尻P(野尻抱介)(@nojiri_h)さんのツイートをもとに、吉野家の缶飯牛丼について詳しく見ていこう。

具だけじゃなかった…!勘違いする人続出の缶詰牛丼

尻P(野尻抱介) (@nojiri_h)さんのツイートを引用(画像:Twitterの投稿画像を引用)

尻Pさんは12月5日、自身のツイッターアカウントにて1枚の画像とともに「朝からひどい目にあった。吉野家の缶詰って牛丼の具が詰まってると信じてたよ。この写真を撮った時点で微塵も疑ってなかった」とツイート。画像を見てみると、缶飯牛丼にご飯が入っていることを知らずに、丼の白ご飯を用意してしまったようだ。続けて「ご飯にかけてみたら、缶の中にもご飯あるじゃん! 牛丼ライスになっちゃったよ!」とセルフツッコミを入れ、笑いを誘った。

缶飯牛丼とは、2019年5月から吉野家の公式通販サイト限定で発売を開始した人気商品。発売当初は在庫が品切れとなるなど、吉野家初となる缶詰商品が話題を呼んでいた。「牛丼」「豚丼」「牛焼肉丼」「豚生姜焼丼」「焼塩さば丼」「焼鶏丼」の6種類が入って送料込み4,860円と少々気合の入った価格設定だが、外食する時間がない日やフードデリバリーサービスを待つのが面倒なときでも吉野家の牛丼が食べられるとあって、自宅で常備するために買うのも悪くはなさそうだ。

吉野家の缶飯牛丼、具のみと勘違いするツイートが話題!「牛丼ライスになっちゃったよ!」のページです。オトナライフは、【グルメTwitterで話題吉野家缶飯牛丼】の最新ニュースをいち早くお届けします。