YouTuberが公開した「クレーンゲーム・バンビーノ攻略法」を発端に確率機に非難が殺到!

現在ネット上で、クレーンゲームの攻略法が物議をかもしている。攻略法はとあるYouTuberが公開した「ゲーム開始前から移動ボタンを押し、プログラムにクレーンの位置を誤認させて景品を獲得する」というものなのだが、景品を掴んで運ぶ途中に落としてプレイする客に「取れそう」と思わせる演出の存在が判明したことで、クレーンゲームに対し多数の非難が寄せられているのだ。

数百円でNintendo Switchゲット!クレーンゲーム・バンビーノ攻略法が公開される

筆者も子どもの頃、欲しい景品を取るためにお金をつぎ込んだ記憶がある

チャンネル登録者数98万人(2021年12月8日時点)を抱えるYouTubeチャンネル「つるなか」は12月3日、「遂にあの有名な確率機を完全攻略したので、日本全国の高額景品を狩りまくってみたwwww【バンビーノ攻略前編】」と題した動画を投稿。「バンビーノ」というのが攻略対象となったクレーンゲームであり、タイトルにもある「確率機」という部分が今回物議をかもす要因となってくる。

動画では、“よしき”と“たはら”がそれぞれ中古の筐体を購入し、攻略法を探ったと紹介されている。その結果、筐体に搭載されたロム1.7と2.0では景品を掴んでからの演出が異なり、1.7では「上昇中離し」「上昇後離し」の二択だったものが、ロム2.0ではアームが入口から離れた奥にいる場合に限り「上昇後数秒離し」が追加されていることを突き止めた。

加えて2.0では、プレイ前からボタンを長押ししてプログラムに「アームが奥にいる」と認識させたうえ、実際には手前にある景品を掴むことで、アームは入口上空で景品を離すこととなりゲットする、という攻略法を編み出した。なお、のちにロム4.1の存在も判明し、1.7と4.1ではこの攻略法は利用できないことがわかっている。

動画ではチャンネルメンバーが関東や関西などに分かれて、わずか数百円で高額景品を多数獲得する“荒らし”ぶりも見ることができる。

関連記事

TOPICS

RANKINGランキング

18:00更新