NHK受信料のかからない、ドンキのAndroid TV搭載ディスプレイにネットも大喝采!

日本最大級の総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」が、新たなチャレンジに踏み出したようだ。なんと「テレビの映らないテレビ」を発売したのだ。もはや“とんち”の域である。

このテレビ、テレビ放送は映らない一方で、グーグルの「Android TV」が搭載されており、YouTubeやNetflix、Amazonプライムビデオなどのビデオ配信サービスが楽しめるというのが最大のポイント。この点をめぐってネット上からも様々な反応が飛び出している。

我らのドンキ、“受信料対策”にもなるスマートテレビを発売

(Image:donki.com)

ドンキが販売している「Android TV機能搭載フルHDチューナーレススマートテレビ」24型は店舗上限価格 19,800円(税込21,780円)。42V型は店舗上限価格 29,800円(税込32,780円)

ドン・キホーテは12月10日から、自身のオリジナル商品ブランド「情熱価格」で新たに「Android TV機能搭載フルHDチューナーレススマートテレビ」を販売することを発表。サイズは24型と42V型の2パターンとなっている。

このスマートテレビの最も大きな特徴は、名前の通り「チューナーレス」なことだ。有線LANやHDMI端子を使ってネットをつないだりレコーダー、プレイヤー、ゲーム機等を接続できる機能を備えつつも、テレビは見られない。どちらかといえばテレビよりもPC用のモニターに近い機能と言えるだろう。

「テレビが見られない」ということは、「NHKも見られない」。つまりこのスマートテレビが家に置いてあっても、「NHKが見られる環境が無いから受信料は支払わない」という論理が通るのだ。実際にNHKもハフポスト日本版の電話取材に対し、「リアルタイムでテレビ放送を視聴できないものは受信設備とはみなされないので、NHKの受信料を支払う必要はありません」と回答したと報じられている。

NHK受信料のかからない、ドンキのAndroid TV搭載ディスプレイにネットも大喝采!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAndroid TVNHKNHK受信料チューナーレスドン・キホーテ】の最新ニュースをいち早くお届けします。