「小中学生の1割がネット依存」って、大人のながらスマホはどうなのよ?と指摘続出

クリスマスももうすぐ。子どもを持つ親のみなさんは、プレゼントにゲームソフトをリクエストされることも多いだろう。そんな今も昔も変わらぬクリスマス前の光景だが、実は現代では小中学生の1割がゲームやインターネットへの依存傾向があることが横浜市教育委員会の調査でわかった。

しかしこの調査結果を知ったネット上からは、そんな子どもたちよりもっと注意すべき人たちがいることを指摘する声が聞こえてきているのだ。果たしてどんな指摘なのだろうか…。

実際には、依存傾向がある子どもはもっと多い可能性も。対策は急務だが……

親に無断でオンラインゲームに課金して高額請求が来た、なんてニュースも耳にする

「もう寝ないといけないとわかっているのにやめられない」「ゲームをやりすぎて仕事を休んでしまう」など、ゲームにのめり込んで日常生活に支障をきたす“ゲーム障害”。2019年には世界保健機関(WHO)から依存症、つまり“こころの病気”として認定されている。

今回の横浜市教育委員会の調査は、小学校4年~中学校3年の1万3,245人を対象に実施された。「この一年の間に、ゲームをしている時のことばかり考えていた時期がありましたか」などの9問のうち、5問以上で「はい」と答えた児童・生徒を「ゲーム依存傾向」と分類。回答者のうち、約1割近くの8.9%が該当した。

ゲーム・ネット依存傾向のある児童の割合(画像は横浜市記者発表資料より引用)

ただし、これはあくまで正直に答えた人が8.9%というだけで、実際には「はい、と答えたらまずいかも」と、「いいえ」と回答した人もいるかもしれない。その傾向にある子どもたちは1割よりもっと多い可能性も否定できない。

「小中学生の1割がネット依存」って、大人のながらスマホはどうなのよ?と指摘続出のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフスマホ依存ながらスマホネット依存】の最新ニュースをいち早くお届けします。