マイナンバーカード申請時の「パスワードの壁」にネットも不満げ、写メ必須かも

現在、普及率がおよそ40%というマイナンバーカード(2021年11月1日時点、マイナンバーカード普及状況ダッシュボードより)。最大で2万円分のポイントを付与する新マイナポイント事業をスタートしたことにより、政府は人口の約75%にあたる9,500万人まで取得者を増やしたい考えだという。

12月20日以降には、マイナンバーカードとスマートフォンを使って電子化されたワクチン接種証明書を入手できるようにすることも決まっており、今後もマイナンバーカードの機能が増えることになりそうだ。

これまで、持っていることで利便性を感じる機会がほぼ無かったマイナンバーカードも、今後は便利なものとなっていくかもしれない。しかし、そもそもマイナンバーカード作成時に立ちはばかる“ハードル”があるのをあなたはご存じだったろうか。

「4つの機能にそれぞれのパスワード」という考え方

署名用電子証明書のパスワードを決めるのに、窓口で手間取る人が多そうだ(筆者撮影)

最大2万円分のポイント付与に、ワクチンの接種証明など、最近になってマイナンバーカードに関する動きがあり、新たに作った人やこれから作ろうと考えていたという人も多いのではないだろうか。

NHKの報道によれば、NHK社員がマイナンバーカード申請のために役所を訪れた際、申請書類のパスワードの記入欄が4種類もあり驚いたという。確かに、1枚のカードを申請するのに1つ以上のパスワードを決めろと言われれば、少し戸惑ってしまうのも無理はないだろう。

しかし、「署名用電子証明書」「利用者証明用電子証明書」「住民基本台帳用」「券面事項入力補助用」の4つのパスワードはそれぞれ別の用途があるという。詳しいことは省略するが、総務省の担当者がNHKの取材に語ったところによると、「アプリが違うと機能が違うでしょう。それと同じで、いくつかのアプリが合体したカードなんです。アプリごとにパスワードが必要と理解してください」というわけで、4つのパスワードが必要とのことだった。

マイナンバーカード申請時の「パスワードの壁」にネットも不満げ、写メ必須かものページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフマイナンバーカードマイナンバーカードの作り方】の最新ニュースをいち早くお届けします。