苦戦するワタミが「回らない寿司」に参入も、焼き鳥も推すしで完全迷走の匂いしかしない

居酒屋チェーンでのワタミが、今度は寿司に参入するらしい。12月9日、ワタミは新ブランドとなる「寿司と大山どりのお店 すしの和」を東京都内にオープンした。コロナ禍であらゆる飲食業界は大打撃を受けているが、特にワタミが主力とする居酒屋はその打撃も最たるものといっても過言ではない。

しかしこのワタミが展開しようとしている寿司店、なんだかいろいろ「?」なのである。

なぜか寿司店ではなく「寿司と焼き鳥の店」。メインターゲットはファミリーだというが……

寿司と焼き鳥は合わなくはないが、和食のなかでも意外な組み合わせすぎて困惑である(画像:「ワタミ」リリースより引用)

ワタミによると「『すしの和』はウィズコロナ時代の外食ニーズに対応した目的来店業態と位置付けており、居酒屋からの業態転換を進めていきます」とのことだが、なぜかすしの和のウリのメニュー2本柱が、なんと寿司と焼き鳥。確かにどちらも人気のある和食メニューで、すしの和がメインターゲットとするファミリーには、ウケの良いメニューといえるだろう。

しかし寿司と焼き鳥とは合わなくはないが、チャーハン&ラーメンのような大親友というイメージまではないため、ここでまず若干戸惑う。職人が仕上げる寿司1貫が税込み96円からとリーズナブルさもある。

しかし、ファミリー、特に子どもたちは回転寿司が好きだが、レーンから、“自分の好きなネタがいつ流れてくるかワクワクしながら待つ”という、いわばエンターテインメント性のあるシステムにも魅力を感じている。回らずに注文して運ばれてくるだけの寿司にどれだけ食いつくかは未知数だ。

そして、完全にファミリーに絞ったわけではなく、会社員や友達同士の利用も見込んでいるという。この時点で、結構なブレを感じるのは筆者だけだろうか。

苦戦するワタミが「回らない寿司」に参入も、焼き鳥も推すしで完全迷走の匂いしかしないのページです。オトナライフは、【グルメワタミ寿司居酒屋】の最新ニュースをいち早くお届けします。