日本人の盗まれたクレジットカード情報は1枚約42ドルで売買、世界平均の4倍であることが判明!

みなさんは、日本人のクレジットカードなどのカード情報が、1枚どれだけの価値を持っていると思うだろうか?このたび、サイバー犯罪の温床などになっているダークウェブで取引されているカード情報の分析から、日本人のカード情報の割合から取引される平均価格まで、様々なことが明らかになってきたという。

7,000件を超える日本人のカード情報の売買が確認される

ネットを介して行われるサイバー犯罪は、全世界がターゲットになり得る

個人向けの仮想プライベートネットワーク (VPN) サービスプロバイダであるNordVPNは12月6日、ダークウェブ上での流通を確認した140ヶ国のユーザーの、400万件ものクレジットカードやデビットカードなどのカード情報を分析した結果を発表した。

448万1,379件のカード情報のうち、最も被害ユーザーが多かった国は156万件にのぼったアメリカだ。売買されるカード情報のうち3枚に1枚以上がアメリカ人のカードであることが明らかとなった。そしてアメリカの次に多かったのはオーストラリアだという。しかしその件数は約42万件で、いかにアメリカ人の被害が多いかが浮き彫りとなった。

一方で日本人のカード情報の件数は、7,049件とアメリカ等と比べれば微々たるもののようにも感じられる。実際に「攻撃されやすさ」を示すリスク指標は、最も狙われやすい香港を1としたときに日本は0.19と、5分の1以下のリスクであることが判明している。世界的にも狙われづらい環境と言えるのかもしれない。

日本人の盗まれたクレジットカード情報は1枚約42ドルで売買、世界平均の4倍であることが判明!のページです。オトナライフは、【マネークレカフィッシング詐欺】の最新ニュースをいち早くお届けします。