Androidスマホで絵文字入力をする方法 – 出し方・表示されないときの対処法

友人などにメッセージを送るとき、SNSに投稿するときなど、気軽に自分の気持ちを表現することのできる絵文字。絵文字は何百種類もある上、OSのアップデートなどのタイミングで種類が増えることもあります。この記事ではAndroidスマホに特化し、絵文字入力の方法や、表示されないときの対処法などを解説します。

Androidで使用可能な絵文字の例

Androidで使用可能な絵文字の例1

Androidスマホでの絵文字

なお2021年10月に正式配信されたAndroid 12では、UIデザインの大規模刷新が実施。併せて、389種類の絵文字のデザインが変更になりました。

多くは色味を変えたなどの微妙な変化でしたが、たとえば雪だるまの絵文字は巻いていたマフラーと手袋がなくなり、よりシンプルな絵柄に変わっています。

Androidで使用可能な絵文字の例2

たとえば台風の絵文字はトゲのようなものがついている丸いマークから、渦巻きマークに変化しています

(画像は「Emojigraph」より引用

Androidで絵文字入力をする方法

Androidスマホで絵文字を入力するには、以下の方法があります。
・絵文字キーボードを出す
・予測変換で絵文字を出す

絵文字キーボードの出し方:Gboard(日本語・12キー)の場合

キーボードがテンキーになっている場合の絵文字キーボードの出し方は以下になります。

絵文字キーボードの出し方:Gboard(日本語・12キー)の場合1

【1】キーボード左側にある絵文字マークをタップします

絵文字キーボードの出し方:Gboard(日本語・12キー)の場合2

【2】絵文字キーボードが表示されました。右上のアイコンから、絵文字の種類を切り替えることができます

絵文字キーボードの出し方:Gboard(日本語・QWERTYキーボード)の場合

QWERTYキーボードになっている場合の絵文字キーボードの出し方は以下になります。

絵文字キーボードの出し方:Gboard(日本語・QWERTYキーボード)の場合1

下部に表示されている絵文字ボタンをタップすると、絵文字キーボードが表示されます

予測変換で絵文字を出す方法

文字を入力すると、その文字に合致する絵文字が変換候補に出てきます。

予測変換で絵文字を出す方法1

【1】任意の文字を入力し、右側の「v」ボタンをタップします

予測変換で絵文字を出す方法2

【2】候補の絵文字が表示されました

キーボードに絵文字ボタンが見当たらない時の原因と対処法

QWERTYキーボードで上記で説明した部分に絵文字ボタンが見当たらない場合、別の設定ボタンと一緒に表示されている場合があります。

その場合、以下の手順で絵文字キーボードを表示することができます。

絵文字ボタンが分かりにくい時1

①キーボード下部にある絵文字マークを長押しします。②長押ししながら上に表示されたスマイルマークをめがけてスワイプすると、絵文字キーボードが表示されます

iPhoneから送信された絵文字はAndroidでどのように表示される?

iPhoneから送信された絵文字は、Androidで微妙に表示が変わるケースがあります。iPhoneから絵文字をいくつか、実際にAndroidスマホに送信して検証してみました。

iPhoneから送信された絵文字はAndroidでどのように表示される?1

iPhoneでの絵文字の表示例

iPhoneから送信された絵文字はAndroidでどのように表示される?2

Androidスマホでの絵文字の表示例

同じものを表わしていますが、微妙にデザインが異なっています。たとえば一番左の列の上から2番目「くま」の絵文字は、iPhone版の絵文字の方がより絵柄がリアルです。また全体的に陰影の付け方や、線のタッチがiPhone版はよりくっきりしていて「海外風」です。

まとめ

今回はAndroidスマホで絵文字入力をする方法を解説しました。絵文字は予測変換で出すことも、絵文字キーボードで入力することも可能です。

スマホのQWERTYキーボードに絵文字ボタンが見当たらないときは、他の設定ボタンとセットで表示されています。記事内で紹介した手順に沿って表示させるか、予測変換経由で絵文字を使用しましょう。

Androidスマホで絵文字入力をする方法 – 出し方・表示されないときの対処法のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidAndroidの使い方キーボード絵文字】の最新ニュースをいち早くお届けします。