Appleはデザインだけではなかった、ハンデを持つApple Storeスタッフが自然に働ける企業体質が話題に

アップルが先進的なのはデザインだけでないことが改めて証明された。というのも、とあるユーザーがアップルストアを訪れた際に、視覚障がいのあるスタッフに応対してもらったところ、目が見えないということを感じさせないスムーズさで受け渡しまで完了してもらったというのだ。

私たちは普段、ちょっと目を閉じて歩くだけでもまっすぐに歩けず苦労するというのに、アップルでは視覚障がいのスタッフもしっかりと働ける体制が整えられているようだ。

アップルストアで目の不自由なスタッフの応対を受けた人の発言が話題に

注目を集めている川尻 大介(@jiricom2)さんのツイート(画像はTwitterの投稿画像から引用)

今回、視覚障がいのあるスタッフの応対のクオリティに言及したのは川尻 大介(@jiricom2)さん。川尻さんは12月9日、「昨日アップルストアで応対して下さったスタッフが目の見えない方だった」と、アップルストアを訪れた際のエピソードを投稿した。

それによれば川尻さんの応対を担当したスタッフは、インカム(音声)と連動しているのか非常にスムーズな手つきでiPhoneを操作し、受取り商品の確認や事前決済のフィニッシュ、受け渡しまでを自然な流れでこなしたのだという。川尻さんはこのことに非常に驚き、「アップルは進んでいる」と感じたと語る。

さらに最初のツイートに紐づけるかたちで、計10ツイート感想を投稿。そのスタッフは川尻さんからの質問にも即座に回答していたといい、他のスタッフと同様にシステムに精通していることや、視覚障がいを持ちながら店頭に立つために相当のトレーニングを積んだであろうこと。

そして、それをサポートできるシステム・環境を作り上げたアップルに対して、非常に感銘を受けていたのだった。

Appleはデザインだけではなかった、ハンデを持つApple Storeスタッフが自然に働ける企業体質が話題にのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスAppleApple StoreTwitterで話題】の最新ニュースをいち早くお届けします。