レシピ本でモヤっとする「少々」「適量」など、料理研究家リュウジさんがストレートに解説したツイートが話題!

YouTubeやSNSでさまざまなレシピを発信する料理研究家・リュウジさん。11月5日には「リュウジ式至高のレシピ 人生でいちばん美味しい! 基本の料理」を発売し、多くのメディアにも出演するインフルエンサーとして人気を集めている。そんなリュウジさんが「少々」「ひとつまみ」「適量」「一晩置く」などを説明したツイートが話題を呼んでいる。今回は、よくわからない料理用語についてリュウジさん流の捉え方を紹介する。

よくわからない料理用語を解説!リュウジさんのツイートが話題

Twitterのフォロワーは196万人(2021年12月10日現在)を誇るリュウジさん(画像:Twitterの投稿画像を引用)

12月5日、リュウジさんは自身のTwitterアカウント・リュウジ@料理のおにいさんバズレシピ(@ore825)で「ぼくの新刊のいちばんすきなところです」とコメントを添え、1枚の画像を投稿。

新刊の中で、わかりにくい用語をズバッと解説しているページが最も気に入っていることを明かした。あいまいな料理用語をズバット説明したページが話題を呼び、10.6万件のいいね(2021年12月12日現在)が寄せられている。

アップされたページを見てみると、「少々…別になくてもそこまで影響ないけどとりあえず気持ち入れろ」「ひとつまみ…これくらい入れたらさすがに味変わるやろと思うくらい指3本でつまんで入れろ」「適量…自分がウマいと思うまで入れろ」「一晩置く…寝ろ」など、レシピでよく出てくる料理用が分かりやすく解説されている。

加えて最後には「少々とか適量は、『最後の味付けはお前が決めんだよ、お前の料理だろ』という料理家の強いメッセージです」と解説し締めている。

ストレートな解説に「謎の勇気をもらえる」など絶賛の声

12月3日に発売された新刊は、2年間をかけて制作されたというリュウジさんの超大作

画像は(Amazon.co.jp)より引用

リュウジさん流の料理用語解説に対し、ネットでは「こんくらいドストレートに言ってもらった方が自分には分かりやすい」「料理初心者にありがたい解説」「レシピ本のモヤっとがスッキリした」など絶賛の声が寄せられている。

「強気のコメントに謎の勇気をもらえる」「人に責任を押し付けないで 食べたい味に仕上げたら美味しいということね」など、リュウジさんのメッセージを受け取り、料理へのハードルが下がった人もいるようだ。

リュウジさんといえば、YouTubeチャンネル「料理研究家リュウジのバズレシピ」でチャンネル登録者数249万人(2021年12月10日現在)を誇る料理系YouTuber。簡単かつ本格的な料理レシピに加え、アルコールを摂取しながらのほろ酔い、ときには泥酔状態でのハイテンションな解説も人気を集めている。

そんなリュウジさんワールド全開の料理用語の解説に、納得するファンも多かったようだ。

これまで調味料の分量がわからず料理が苦手だったという人も、リュウジさん流の料理用語を参考に「至高のレシピ」に挑戦してみてはいかがだろうか。

参照元:ぼくの新刊の一番好きなとこです【リュウジ@料理のおにいさんバズレシピ(@ore825)さん】

※サムネイル画像(Image:「リュウジ@料理のおにいさんバズレシピさん」Twitterより引用)

レシピ本でモヤっとする「少々」「適量」など、料理研究家リュウジさんがストレートに解説したツイートが話題!のページです。オトナライフは、【グルメTwitterで話題レシピ本料理用語】の最新ニュースをいち早くお届けします。