「読めない寿司ネタ」漢字ランキング、3位は「障泥烏賊」2位「魬」1位「鱪」読めるかな?

有限会社レインボープロダクツが運営する飲食店「十方 鮨(じっぽう すし)」は2021年11月26日~27日、月に1回以上高級寿司店を利用する105名を対象に、「寿司ネタ漢字の読み方」に関する調査を実施。「漢字の日」である12月12日を数日後に控えた12月7日、その調査結果を発表した。

好きな寿司ネタ漢字を選んだ理由が深かった!

毎年12月20日は「ブリの日」って知ってた?

(画像は「写真AC」より引用)

寿司ネタの魚に関する漢字は、馴染みのあるものから難解なものまで読解難易度は様々ある。寿司屋のお茶の湯呑みに書いている漢字を見て、読み方を調べたことがあるという人も多いのではないだろうか。この調査結果を読んで難読漢字がスラスラ読めるようになれば、ちょっと鼻高な気分を味わえるかもしれない。

はじめに紹介するのは、「あなたが好きな寿司ネタの漢字は何ですか?理由と共に教えてください。(例:「鰆」春という文字が入っていて可愛い。など)(自由回答)」という質問の調査結果について。多様な回答が寄せられたが、「暖かい季節がやってくるというワクワク感がある」(36歳)という「鰆(さわら/読めないランキング25位、以下同)」や、「季節感がある」(27歳)「鱈(たら/24位)」など、まさに季節感を彷彿とさせる漢字が多く挙がったのが印象的だった。

このほか、「鱚(きす/15位)」で「よろこぶという漢字が良い」(54歳)や「鱧(はも/17位)」で「豊かな感じがいい」(43歳)など、“つくり”(漢字右側の文字)だけで見てもイメージが良い漢字も人気が高い様子。さらには、「弱いけどけして弱くない、団結して何よりも大きくなる姿がたくましくて好き」(43歳)という理由から選ばれた「鰯(いわし/29位)」などの深い回答も寄せられ、改めて自分の好きな寿司ネタの漢字はなんだろうかと、考えさせられる調査結果となった。

「読めない寿司ネタ」漢字ランキング、3位は「障泥烏賊」2位「魬」1位「鱪」読めるかな?のページです。オトナライフは、【グルメランキング寿司寿司ネタ】の最新ニュースをいち早くお届けします。