ミスコンが将来なりたい職業ランキング、5位経営者、4位モデル・ダンサー、3位CA、2位海外勤務、1位はやっぱりあの職業?

知性と品性を兼ね備えた女性たちによる美の祭典「ミスコンテスト」略して「ミスコン」。あなたが通っていた大学や高校でも開催されていただろうか。ミスコンに出場する女性たちは、外見内面ともに美しく、自信に満ち溢れている人が多い。そんな彼女たちは、将来どんな職業に就き、何をして社会に貢献していくのだろうか。今回は、ミスコン出場者がなりたい職業ランキングについて紹介する。

ミスコン出場女子がなりたい職業ランキング、5位は「経営者」

ミスコンをキャリアに生かす時代はまだ続くのか(画像は「日本ミスコン協会」リリースより引用)

株式会社ラナルータが運営する日本ミスコン協会は、世界的ミスコンテストの合同地方代表選考会「ベスト・オブ・ミス」に出場する学生100人を対象に、将来なりたい職業について調査した。第5位から順に見ていこう。

ミスコン出場女子がなりたい職業ランキング、第5位は「経営者」(10%)。本調査によると、今回事務や保育士といった回答は非常に少なかったそうで、全体の1割が経営者として自分の好きなことを自分の裁量で動かしてお金を稼ぎたいと考えているようだ。

第4位は「モデル、ダンサー、インフルエンサー等芸能関係」(11%)。ミスコンに出場するだけあって、人前に出ることに抵抗がなく、自分の外見に自信を持っている人がほとんどなのだろう。実際に、ミスコンから芸能界に入ったりSNSでインフルエンサー活動をしたりしている人は多い印象だ。

1位は「アナウンサー」、僅差の2位と3位は?

(Image:prtimes.jp)

ミスコン=アナウンサーは年々薄れつつある?

第3位は「キャビンアテンダント」(24%)。長時間の滞在となる機内の中でもお客様が快適に過ごせるようサポートするCAは、気配り力に加え、知性や品性が必要な職業とされている。外見だけでなく内面の美しさも重要なポイントとなるミスコン出場者には、ピッタリの職業と言えるだろう。

第2位は「海外勤務」(26%)。本調査によると、ミスコン出場者には海外留学経験者が多いようだ。留学の際に、日本とは文化の異なる自由でフラットな働き方に憧れた人もいるだろう。しかし現在では、コロナ禍の影響もあり海外勤務を諦める声も少なからず上がっているという。

そして第1位は王道の「アナウンサー」(29%)。“大学ミスコンは女子アナの登竜門”と言われることもあるほど、テレビ局アナウンサーにはミスコン出身者が多く、ミスや準ミスに輝いた経験を持つアナウンサーも枚挙にいとまがない。「アナウンサーになるためにミスコンに出場した」という話もちらほら聞くが、2位の海外勤務と僅差なのを見る限り、学生の傾向も変わってきているのかもしれない。

出典元:調査レポート『将来なりたい職業』をミスコン出場女子に聞いてみた【財団法人日本ミスコン協会

※サムネイル画像は(Image:「日本ミスコン協会」リリースより引用)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

ミスコンが将来なりたい職業ランキング、5位経営者、4位モデル・ダンサー、3位CA、2位海外勤務、1位はやっぱりあの職業?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフなりたい職業ミスコンランキング】の最新ニュースをいち早くお届けします。