iPhone 14 Proでノッチ廃止報道も、ユーザーからは他にも「USB-C」や「Touch ID」など変更希望案が続出!

現在、2022年に発売される「iPhone 14(仮称)」の動向にiPhoneファンの熱い視線が注がれている。9月に発売された「iPhone 13」が、そのビジュアル面で前作から大きな変化が無かったこともあり、購入を断念したファンは既に1年後の新機種に思いを馳せているのかもしれない。

今回は、ネット上で公開されたiPhone 14のイメージ画像などについてご紹介していきたい。

iPhone 14、Proシリーズでノッチからパンチホール式に?

(Image:ms_pics_and_more / Shutterstock.com)

iPhone 13は“期待ハズレ”だったかもしれない?

ツイッター上でiPhone 14シリーズのイメージ画像を公開したのは、アップルのニュースなどを扱うメディア・9TechEleven(@9techeleven)だ。これまで世界中のリーカーが報じてきた開発中のiPhone 14のリーク情報を総合し、iPhone 14の6.1インチモデルと6.7インチモデル、「iPhone 14 Pro(仮称)」の6.1インチモデル、6.7インチモデルの計4つが非公式にお披露目された格好だ。

その画像によれば4モデル全てにホームボタンはなく、iPhone 14の2モデルはこれまでのiPhoneと同じノッチ式のインカメラとなっている。しかし特筆すべきはProモデルのインカメラがパンチホール式となっていること。既にリーク情報を基に一部で報じられていた変更要素ではあるが、実際にiPhoneに実装された姿を見てみるとグッとイメージがしやすくなってくるはずだ。世界中のiPhoneファンもこの画像を見て「次のiPhoneはこんな風になるかもしれないのか」と想像を膨らませていることだろう。

また、リーク情報によればProモデルは顔認証機能「Face ID」がディスプレイ下に埋め込まれる見通しであることも伝えられている。これまでノッチ上に配置されていた顔認証用のセンサー類もディスプレイ下で生き残ることになるようだ。

iPhone 14 Proでノッチ廃止報道も、ユーザーからは他にも「USB-C」や「Touch ID」など変更希望案が続出!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhone 14iPhoneの噂まとめ】の最新ニュースをいち早くお届けします。