まるで映画の世界! iPhone 13 Pro Maxで渋谷のサイバー化を撮影した動画が話題

シネマティックモードが「想像以上」と人気を博している「iPhone 13」だが、さらにあるソフトを使えば、AR対応のクリエイティブな動画が撮影できるとネットで話題を呼んでいる。今回は、高橋 啓治郎氏が「iPhone 13 Pro Max」を使って作成した「渋谷がサイバー化するムービー」について伝える。

まるで映画のような、仮想空間と現実世界のはざまを映し出した動画を撮影できるとしたら、iPhone 13シリーズの人気がさらに高まるのではないだろうか。

渋谷の“のんべい横丁”がサイバー化する作品が話題

Keijiro Takahashi(@_kzr)さんのツイート(画像:Twitterの投稿画像を引用)

ゲーム、アプリ開発用ソフトウェアゲームエンジンを提供する「ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン」に所属する高橋氏は11月26日、自身のTwitterアカウント・Keijiro Takahashi(@_kzr)にてある1本の動画を投稿。「The world through iPhone 13 Pro Max sensors」といったコメントとともに、東京都渋谷区にある飲み屋街・のんべい横丁がサイバー化していくムービーを公開した。2,000件を超えるリツイートと1万件のいいね(2021年12月13日現在)が寄せられ、日本だけでなく海外でも反響を呼んでいる。

動画で描かれているのは、緑の光に飲み込まれていくのんべい横丁だ。緑の光が通りすぎるとその風景はポリゴン化したような状態となりサイバー空間と繋がったかのようなビジュアルに変化していく。キューブ状のパーツがバラバラとはがれていく、幻想的とも言える光景が美しく描かれている。

この作品は、カメラのトラッキングデータを1つのビデオ内に埋め込む「burnt-in barcode metadata」(焼き付け型バーコードメタデータ)を実証するためのプロジェクト「Bibcam」のサンプルとして作成されたものだとういう。

まるで映画の世界! iPhone 13 Pro Maxで渋谷のサイバー化を撮影した動画が話題のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhone 13 Pro MaxTwitterで話題】の最新ニュースをいち早くお届けします。