アップルの「AirTag」などGPS機器悪用、条例で禁止へ! 立証が難しくザル法だという意見も

通信機器の発達により知らぬ間にGPS機器が取り付けられていたり、スマホで位置情報を追跡されてしまったり、といった恐ろしいことがより簡単に起こり得るようになってしまっている現在。ストーカーやDVといった深刻な被害も後を絶たない。そんななか、警視庁がGPS機器を相手の許可なく取り付けるなどの悪用を禁止する条例改正案の概要をホームページ上で公開した。私たちの暮らしにどう関わってくるのだろうか、考えてみよう。

GPS機器を相手に無断で取り付けることの規制が強化される

(Image:dreii / Shutterstock.com)

GPSを使った悪意ある行為には1年以下の懲役、または100万円以下の罰金が科せられる

警視庁は12月13日、GPS機器を相手の承諾なく取り付けるなどの悪用を禁止する、東京都迷惑防止条例改正案の概要をホームページで公表した。

近年GPSを悪用したストーカー被害の増加に伴い、2021年8月にはストーカー規制法が改正され、GPS機器等を使い相手の位置情報を無断で取得することを規制対象とすることで対策を強めていた。今回の条約改正により、恋愛感情を伴わない場合でもGPSを使った悪意ある行為の規制を強化する狙いだ。2022年に都議会に提出され、2022年秋の施行をめざすとのことだ。ちなみに罰則は1年以下の懲役、または100万円以下の罰金とされている。

最近では位置情報を共有できるGPSアプリが多数あり、子どもの見守りに使用したり、家族や恋人、友人同士で利用したりする人が増えている。待ち合わせなどに便利と若い世代にも人気だが、たとえ夫婦や恋人であっても本人に許可なくアプリをダウンロードすることは違法なこと。例えば、浮気を疑いパートナーのスマホにGPSアプリをこっそりダウンロードしたり、車にGPS機器をつけたりすることも当然違法なので、絶対にやってはいけない。

アップルの「AirTag」などGPS機器悪用、条例で禁止へ! 立証が難しくザル法だという意見ものページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAirTagGPS迷惑防止条例】の最新ニュースをいち早くお届けします。