「キャリアメール」が持ち運び可能もそんなに必要? このサービスはどんな人にメリットがあるのか?

「他キャリアに移ったあとも、これまでのキャリアメールが利用できる」そんなサービスが現在導入されはじめているという。若年層にとってはあまり馴染みがないかもしれないキャリアメールだが、30代以上の人々であれば「携帯電話を持ったときに主流だった」という人も多いのではないだろうか。しかし近年はフリーメールが一般化し、チャットツールなども広く普及したことで、年々その存在感が薄れてきているのも事実だ。

はたしてこのサービスはどんな人々にメリットのある話となるのだろうか。

キャリアメールが転出後も利用可能に

(Image:TK Kurikawa / Shutterstock.com)

ドコモなどのスマホキャリアでは独自のメールアドレスを発行してい

読売新聞オンラインは12月15日、自身の独自記事として「ドコモ・KDDI・ソフトバンクの3大キャリアが、携帯会社から転出したあとも既存のキャリアメールを利用できるサービスを導入する方針を固めた」と報じた。

ドコモとKDDIは既にHP上で「ドコモメール持ち運び」「auメール持ち運び」の案内ページを公開。ドコモでは12月16日から月額330円(税込、以下同)で、KDDIでも12月20日から同じく月額330円で提供を開始する。またソフトバンクに関しても12月16日時点で案内ページは公開されていないが、同社広報がニュースメディア・ケータイWatchの取材に対し「年内に提供する予定」とコメントしたという。

これにより他キャリアへのMNPのほか、2021年はじめに相次いでスタートした「ahamo」などの新プランや格安スマホなどへ移動しても元のキャリアのキャリアメールを利用可能となる。これまで「キャリアメールが使えなくなると困るから…」と転出を断念していたユーザーにとっては非常にありがたいサービスとなりそうだ。

「キャリアメール」が持ち運び可能もそんなに必要? このサービスはどんな人にメリットがあるのか?のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidauキャリアメールソフトバンクドコモ】の最新ニュースをいち早くお届けします。