アップルが積極的に行うiPhoneの「下取りプログラム」の実態が話題に!

読者の方々は、スマートフォンの「下取りプログラム」を利用したことはあるだろうか。機種変更時にそれまで使っていたスマホを返却し新品を受け取ることで、返却したスマホ分の代金が新しいスマホの代金から差し引かれるあのシステムだ。近年はスマホメーカーのほか、携帯キャリアなどでも導入しているところも見られる。

今回は、そんな下取りプログラムをアップルが推奨している理由について考えていきたい。

アップルの「iPhone下取りプログラム」にはどんな思惑が?

(Image:Masarik / Shutterstock.com)

大きな破損のあるモデルはリサイクルに回されるという

チャンネル登録者数111万人を誇るYouTubeチャンネル「Apple Explained」が2021年9月に投稿した動画「Why Apple Wants Your Old iPhone」によれば、アップルが下取りプログラムを開始したのは2013年。それ以降、「iPhoneの販売が鈍化した」「機種変サイクルの長期化」といった問題の解決につながる妙手として定着しているようだ。

下取りでアップルに回収されたiPhoneは、状態が良好なものは修理されたのちインドや中南米、アフリカといったマーケットで再販されるのだという。先進国ではあまり人気の出ない型落ちのモデルも、型落ち+中古品として安価に販売すれば新興国ならば一定数の需要が見込めるということだろう。

また、修理して再利用するのも難しい状態のiPhoneは、機械で分解されレアアースなどのリサイクルに回るのだという。最近では2021年に開催された東京五輪のメダルを、小型電子機器に使われていた金属をリサイクルして作ろう、という取組みも話題となったが、希少な金属が使われているスマホは素材としても優秀なようだ。

アップルが積極的に行うiPhoneの「下取りプログラム」の実態が話題に!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhone下取りプログラム】の最新ニュースをいち早くお届けします。