Twitterの「引用リツイート」とは? 使い方や非公開ツイートの仕組みなど解説

Twitterには引用リツイートという機能がある。引用リツイートとはどのような機能だろうか。この記事では、Twitterの引用リツイートの仕組みや使い方、非公開アカウントのツイートをフォロワーが引用リツイートすることができるのか、詳しく解説する。

【Twitter】「引用リツイート」とは?

(Image:Michele Ursi / Shutterstock.com)

Twitterには引用リツイートという仕組みがある。Twitterの引用リツイートとはどのような仕組みだろうか。この記事では、Twitterの引用リツイートについて詳しく見ていこう。

Twitterではツイートを自分のタイムラインに表示してフォロワーと共有できるリツイートという機能がある。ツイートのリツイートボタンを押すだけで、そのツイートを自分のタイムラインへ表示することができるのがリツイートだ。

引用リツイートとは、Twitterのリツイートに自分のコメントを付けてリツイートする機能のことである。ただ単にリツイートしただけでは、どのような考えでリツイートしたのかフォロワーに正確に伝えにくい。しかし、引用リツイートであれば自分のコメントを入れることができるので、どうしてそのツイートをリツイートで共有したいのかをフォロワーに伝えやすいというメリットがある。

【Twitter】「引用リツイート」の使い方

Twitterの引用リツイートはどのような使い方をすればいいのだろうか。ここからは、Twitterで引用リツイートをする方法や、引用リツイートを検索する方法、自分で自分のツイートを引用リツイートする方法、リプライを引用リツイートする方法の4つの使い方について一つずつ解説する。

【使い方①】相手のツイートを引用リツイートする

Twitterで自分のアカウント以外の相手のアカウントのツイートを引用リツイートする使い方を見ていこう。PCで引用リツイートする使い方と、スマホで引用リツイートする使い方のそれぞれについて解説する。

ーPCで引用リツイートする場合

PCで他のユーザーのアカウントのツイートを引用リツイートする場合の使い方は次のとおりである。PCのブラウザでTwitterを開き、引用リツイートしたいツイートを表示する。

ツイートに表示されているリツイートボタンをクリックする

「引用リツイート」をクリックする

リツイートしたいツイートの上にコメントが入力できる。「コメントを追加」のところに自分のコメントを書き込んで「ツイートする」をクリックする

この使い方で、PCのTwitterから引用リツイートができる。

ースマホアプリで引用リツイートする場合

スマホのTwitterアプリで他のユーザーのアカウントのツイートを引用リツイートする場合の使い方は次のとおりである。スマホのTwitterアプリを開き、引用リツイートしたいツイートを表示する。

ツイートに表示されているリツイートボタンをタップする

「引用リツイート」をタップする

リツイートしたいツイートの上にコメントが入力できる。「コメントを追加」のところに自分のコメントを書き込んで「リツイート」をタップする

この使い方で、スマホのTwitterアプリから引用リツイートができる。

【使い方②】引用リツイートを検索する

特定のユーザーのツイートに対してどのような引用リツイートがされているかを検索することができる。引用リツイートの検索機能はTwitterの標準の仕組みではなく、外部ツールを利用して行なう。引用リツイートを検索するための外部ツールの使い方について見ていこう。外部ツールは「引用リツイート検索」を利用する。

引用リツイート検索は→こちら

検索ボックスに引用リツイートを調べたいTwitterアカウントのアカウント名(@○○)を入力して「Search」をクリックする

するとTwitterの画面が開き、検索したアカウントで引用リツイートされているツイートが表示される。

なお、この機能で検索できるアカウントは、公開アカウントか非公開アカウントで自分がフォローしているアカウントのみである。自分がフォローしていない非公開アカウントの引用リツイートは検索できないので注意しよう。

【使い方③】自分のツイートを引用リツイートする

自分のツイートでも引用リツイートをすることができる。自分のツイートを引用リツイートする使い方は次のとおりである。まずは、Twitterを開いて引用リツイートしたい自分のツイートを表示しよう。

表示した自分のツイートのリツイートボタンをクリックする

「引用リツイート」をクリックする

リツイートしたいツイートの上にコメントが入力できる。「コメントを追加」のところに自分のコメントを書き込んで「ツイートする」をクリックする

すると、自分のツイートに対してコメントを付けた引用リツイートがタイムラインに表示されて公開される。

【使い方④】リプライを引用リツイートする

リプライとはツイートに対して返信したツイートである。リプライも引用リツイートすることができる。リプライを引用リツイートする方法を見ていこう。まずはTwitterを開いて、引用リツイートしたいリプライを表示する。

リプライに表示されているリツイートボタンをクリックする

「引用リツイート」をクリックする

リツイートしたいリプライの上にコメントが入力できる。「コメントを追加」のところに自分のコメントを書き込んで「ツイートする」をクリックする

リプライを引用リツイートすると、リツイートしたツイートに「このスレッドを表示」と表示されている

【Twitter】非公開ツイートは「引用リツイート」できる?

Twitterのアカウントには誰でもツイートを見ることができる公開アカウントと、フォロワーしか見ることができない非公開アカウントがある。非公開アカウントのツイートは引用リツイートできるのだろうか。

結論から言うと、Twitterの非公開アカウントのツイートはフォロワーであってもリツイートすることはできない。リツイートできないので、引用リツイートもできない。非公開アカウントのツイートをリツイートしようと思っても、リツイートボタンが押せない。

非公開アカウントのツイートのリツイートボタンはフォロワーでも押せない

リツイートボタンが押せないので、引用リツイートもできない。ただし、自分のツイートだけは非公開アカウントに設定していても引用リツイートできる。自分のツイートを引用リツイートしたものは、フォロワーには公開される。

【Twitter】非公開ツイートの通知の仕組みは?

Twitterでは非公開アカウントのツイートを引用リツイートすることはできない。しかし、非公開アカウントが公開アカウントをリツイートすることはできる。非公開アカウントが公開アカウントのツイートをリツイートしたときの通知の仕組みはどうなるのだろうか。

通常は、自分のツイートが引用リツイートされると通知が届く。Twitterにログインして「通知」のタブを開くと、引用リツイートされたことが通知されている。

非公開アカウントから引用リツイートされたときには、そのアカウントに対してフォローリクエストを自分が出して承認されていれば、その非公開アカウントから引用リツイートされたときには通知が届く。

しかし、フォローリクエストが承認されていない場合、つまり自分が相手のアカウントをフォローしていない場合には、自分に対して引用リツイートされても通知は届かない仕組みになっている。

非公開アカウントは自分がフォローしていなければ、相手のツイートを見ることはできない。ということは、Twitterでは自分が存在を知らないアカウントから自分が知らないところで引用リツイートされてしまう仕組みがあるということである。

このような、自分のツイートが引用リツイートされても通知されない仕組みがあるという点には気をつけて、つぶやく内容を考えたほうがいいだろう。

※サムネイル画像(Image:Michele Ursi / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Twitterの「引用リツイート」とは? 使い方や非公開ツイートの仕組みなど解説のページです。オトナライフは、【SNSTwitterTwitterの使い方リツイート】の最新ニュースをいち早くお届けします。