年収1,000万円以上の人ほど、調べものはYouTubeを利用している実態が判明! 動画の情報量はテキストの5,000倍?

あなたは、何か調べものをするときにどんなツールを使うだろうか。本や文献でじっくりと知識を深めるのか、企業のオウンドメディアや個人ブログで分かりやすく解説された記事を読むのか……さまざまな方法があるだろう。実はこの“調べ方”、年収が高い人には一定の傾向があるという。一体どういうことなのだろうか。

30%の人が仕事で調べものをするときにYouTubeを使っている?

調べもののつもりでYouTubeを開くも、いつの間にか趣味の動画を観ていた…なんてことも(ストラテ調べ)

ITツール・Webサービス比較サイトの「ストラテ」は、正社員として働く全国の20歳~49歳の男女300人を対象に「YouTubeの仕事利用に関するアンケート」を実施。今回はその結果から一部を抜粋して紹介する。

「仕事中、仕事に関する調べものをするときにYouTubeの動画を見ますか?」という質問に対しては、約30%の人が見ることがあるもしくは見たことがあると回答。従来のYouTubeは娯楽のイメージが強かったが、ここ数年で幅広い情報を得られるツールへと大きく変化しているようだ。

年代・性別ごとに分けて見てみると、20代と30代の男性が仕事の調べものでYouTubeを利用している率が高い。全体として、女性よりも男性の方がYouTubeを活用している人が多いのだろう。

年収1,000万円以上の人ほど、調べものはYouTubeを利用している実態が判明! 動画の情報量はテキストの5,000倍?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスYouTube平均年収】の最新ニュースをいち早くお届けします。