日本の5Gスマホは4Gの何倍速い? Speedtestが報告した結果にネットからは様々な声

2020年頃から日本国内でも携帯キャリア各社が提供をはじめ、テレビCMなどでも大きく取り上げられるようになってきた「5G通信」。読者のみなさんの中にも、既にスマートフォンで5G通信を使ったことのある人や、「なんか知らないけどとにかく通信が速いらしい、ということは知っている」といった人もいるだろう。ではそんな5Gは果たしてどれだけ速いのだろうか?

今回は、4Gと5Gの通信速度を比較した実験の結果についてお伝えしていきたい。

日本の5G、4Gの約3倍速いことが判明!

(Image:ms_pics_and_more / Shutterstock.com)

iPhoneでの5G測定にはiPhone 13が使われた

インターネット接続の速度性能を評価するサイト「Speedtest」を運営するOoklaは、5G通信対応のスマホと4G通信対応のスマホを使い、世界各国で通信速度の比較検証を行った結果を発表した。

その結果、日本では5G通信対応の「iPhone 13」は通信速度95.82Mbps、4G通信対応の「iPhone 11」では36.08Mbpsと、「5Gは4Gよりもおよそ2.7倍速い」という結果をはじき出した。

これだけ聞くと「4Gの3倍も速いなんてすごいじゃん」となる人もいるかもしれないが、実はあまりすごくはないのだ。Ooklaの発表によれば日本の5Gと4Gの通信速度の差は、今回調査された世界各国の中で最も小さな差になっているという。お隣の中国ではiPhone 13(5G)で278.22Mbpsを記録したといい、26.84Mbps だったiPhone 11(4G)の10倍を上回るスピードを実現していたのだ。10倍を見たあとだと3倍に満たない日本の数字がショボく見えてきてしまうのも仕方のないことだろう。

なお、「日本のiPhone 13はミリ波通信に対応していないせい」というわけでないことも合わせて伝えられている。ミリ波対応のAndroidスマホでも、他国に比べて差は開いていなかったという。

日本の5Gスマホは4Gの何倍速い? Speedtestが報告した結果にネットからは様々な声のページです。オトナライフは、【iPhone&Android5GスマホSpeedtest】の最新ニュースをいち早くお届けします。