日本のiPhone利用率が高いはウソ? iPhoneは45.7%、Androidが47.0%という調査結果に

50代、60代は選択肢の多いAndroidスマホ。では全体では…?

(MMD研究所調べ)

反対に、Androidスマホのメインユーザーはというと、60代男性が最も多く58.9%、次いで40代男性が55.6%、60代女性が55.0%、50代男性が54.4%となっている。

若者に比べると、スマホに慣れ親しんでいない世代であるため、使いやすさ重視でスマホ選びをする人が多いのかもしれない。となると、Androidスマホは搭載機種が多いため自分に合ったものを選べるというのが魅力的な点なのではないだろうか。いわゆる「シニア向けスマホ」といわれるスマホもAndroidの製品で普及している。

冒頭に述べたように、日本のスマホユーザーにおけるiPhone利用率は世界に比べて高い……と思っていたのだが、実は全体で見てみるとiPhone利用率が45.7%、Androidスマホが47%と、今回の調査ではわずかではあるがAndroidスマホのほうが上回っているのだ。

人気機種はというと、Androidスマホは「AQUOSシリーズ」「Xperiaシリーズ」「Galaxyシリーズ」が3強。iPhoneは「iPhone SE(第2世代)」や「iPhone 7」以前、「iPhone 8」と最新のものより少し前のモデルが人気のようだ。そして最近では2022年に発売が予想されている「iPhone 14(仮称)」シリーズの情報も各所から漏れてくるようになってきた。その評判によっては、またiPhoneユーザーの数が変わってくる可能性もあるかもしれない。今後の“スマホ派閥”の動きに注目だ。

出典元:メイン利用のスマートフォン、iPhoneは45.7%、Androidは47.0% 10代、20代は男女ともにiPhoneの利用率がAndroidの利用率を上回る【MMD研究所

※サムネイル画像(Image:Mr.Mikla / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

日本のiPhone利用率が高いはウソ? iPhoneは45.7%、Androidが47.0%という調査結果にのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidの話題iPhoneの話題スマホの話題スマホ利用率】の最新ニュースをいち早くお届けします。